歯列矯正は保険適用外だから高い!!費用を安くする2つの方法。

f:id:otokonobiyo:20190305145713j:plain

歯列矯正で歯並びを整えることは、見た目の美しさを上げる方法としてとても効果的です。

でも、費用がとにかく高いですよね。

その人の歯の状態や矯正法にもよりますが、最低でも100万円は掛かると覚悟しておいたほうがいいです。

しかし、高額だからこそ10万円でも5万円でも、いや1万円でも安く済ませたいと思うのが人間です。

そこで今回は、そんな歯列矯正にかかる費用を少しでも安く済ませる方法を紹介していきます。

歯列矯正は保険適用外

歯列矯正の費用が高額なのは、保険が適用されないことが一番の要因です。

「病気や怪我などで病院に掛かった場合、健康保険料をきちんと納めていれば、医療費の総額の3割しか負担しなくていい」ということはご存知の人も多いはずです。

残りの7割は国が負担してくれるという素晴らしい保険ですが、注意すべきは『審美目的の治療には適用されない』という点です。

例えば美容整形など、見た目の美しさを高める目的で行う治療には保険が適用されず、治療費は10割全てを負担しなければなりません。

そして、残念ながら歯列矯正も保険適用外のくくりに入ってしまうのです。

さらに、保険適用外の場合の治療費は歯科医院が決めており(自由診療と言う)、医院によってバラバラなので注意が必要です。

コレが歯列矯正の費用が高額な理由です。

歯列矯正は保険適用になる場合もある

大人、子供に限らず歯科矯正は基本的に保険適用外となりますが、一部保険適用と認められるケースもあります。

主に先天性で厚生労働省が認める疾患については保険適用となる場合があるので、自分が当てはまっていないか一度確認しておくことをオススメします。

もしも、保険適用が認められるのなら、間違いなくそれが一番費用を安く抑える方法です。保険適用か適用外かで自己負担額は何十万円と変わってきますので。

保険が適用される具体的な疾患には以下のようなものがあります。

・6歯以上の先天性部分(性)無歯症

・顎変形症

・筋ジストロフィー

・ダウン症候群

これらは保険適用となる疾患のほんの一部なので、詳しくは日本矯正歯科学会のHPを見てください。また、歯列矯正を保険適用で治療するには決められた歯科医院での治療が必要となりますが、それも日本矯正歯科学会のHPで確認することができます。

費用を安くする方法

ここまで、歯列矯正の費用が高い理由は保険が適用されないことにあることと、もしも保険適用が認められればそれが一番であるということを紹介しました。

例えば総費用が100万円だとすると、保険が適用されれば、3割負担なので単純計算で30万円しか支払わなくていいのです。

しかし、残念ながら歯列矯正を行う人で、保険が適用される症状の人というのはとても少ないのが現状です。

そこでここからは、保険適用以外で歯列矯正の費用を安くする方法について紹介します。

①安い歯科医院を探す

単純ですが、『そもそも費用が安い歯科医院を探す』という方法はとても効果的です。

歯列矯正は基本的に保険適用外なので、治療費はそれぞれの歯科医院が自由に決めているということは前述しましたよね。

そのため歯科医院によって費用は変わり、高いところと安いところの差は、大きい場合だと数十万円にもなることがあります。

「近いから」とか「虫歯はいつもあそこだから」と簡単に決めてしまっては、同じ治療でも数十万円も損をすることだってあるんです。

初診相談は無料という歯科医院も多いので、少しでも費用を安く抑えたい人は、できるだけ多くの医院に足を運んでみることをオススメします。

また、全国の歯列矯正に対応している歯医者を探すのには『e-矯正歯科.com』がオススメです。

たくさんの口コミを参考にすることができ、ネット予約も簡単にできますよ。

②医療費控除を活用する

コレは治療費を直接的に安くする方法ではありませんが、医療費控除を活用することで所得税と住民税を軽減することができます。

医療費控除とは、自分自身や家族のための医療費を一定額以上支払った場合に、その医療費をその年の所得から差し引くことができるという制度です。

所得から差し引けるということは、その年の所得税と翌年の住民税を軽減することができるということです。

ただし、基本的に審美目的での歯列矯正は医療費控除の対象にならないので注意が必要です。

しかし、子供の歯列矯正は医療費控除の対象となることがほとんどです。

大人も、医学的に問題があると認められる場合(疾病や噛み合わせなど)は医療費控除の対象となるので担当の医師に相談してみてください。

詳しく知りたい人は国税庁のHPも参考にしてみてください。

まとめ

大人が歯列矯正を審美目的で行う際には、保険は適用外ですし医療費控除も見込めません。なので、安くて優良な歯科医院を探すことが歯列矯正を安く抑える現実的な方法です。

歯の疾患や子供の歯列矯正の場合には、保険適用や医療費控除が認められる場合も多いので必ず担当の医師に相談してみましょう。

また、矯正器具の種類によっても費用は変わってくるので、自分の予算と相談しながら決めたいですね。

以上、『歯列矯正は保険適用外だから高い!!費用を安くする2つの方法。』・・・でした!