「激安通販タイヤ→持ち込み」でのタイヤ交換の注意点!タイヤフッドの方が100倍おすすめ!

f:id:otokonobiyo:20181216074128j:plain

タイヤ交換ってすごく高いですよね…。

車の維持費の中では車検の次ぐらいに高いんじゃないでしょうか。

結論から言うと、ディーラーやカー用品店でタイヤ交換を行うよりも

「激安通販タイヤ→持ち込み」

という流れが一番安く済ませられるということは間違いありません。

しかし、ココに潜む危険性や落とし穴をきちんと理解していますか?

値段の安さだけに気を取られ、大事な部分を見逃してしまうと最終的に損をしてしまうことだってあります!

今回はそんな“持ち込みでのタイヤ交換”についての注意点を解説していきます。

僕がダントツでおすすめする方法はタイヤフッドを利用することです。

一度公式サイトを覗いてみれば、その魅力がわかると思いますよ。

タイヤフッドの公式HPへはコチラからどうぞ。

 

持ち込みの場所は決まってる?

タイヤを通販で購入したからには、それをいま履いているタイヤと交換する必要があるのは当然ですが、

取り付け業者は決まっていますか?

業者からするとタイヤ交換っていうのは、本当ならタイヤの料金と取付工賃の両方で儲けを出すチャンスだったんです。

そのチャンスをこちらが潰すことになるので、通常の工賃よりも割増されることは当然といえば当然なのかもしれません。

また、タイヤ交換の工賃と言っても、その中には以下のようなものがあります。

・タイヤおよびホイールの脱着

・バランス調整

・ゴムバルブの交換

・廃タイヤの処分

最近は「持ち込みでもOK!」と謳う業者も増えてきましたが、ここで一つ注意点です。

工賃には上の全てが含まれていますか?

1本あたりの取り付け料金だけしか見ていない人、もしくは記載されていない業者には気をつけてください。

お会計時に「あれ?意外と高くついたな」と、結局はカー用品店でタイヤを交換したときと変わらないなんてこともあり得ますよ。

そのタイヤ、本当に大丈夫?

「通販で激安タイヤがみつかったぜ!」

と喜ぶのは買ったタイヤが到着してからにしましょう。

激安通販ショップでタイヤを購入したときにありがちなトラブルの一つに、

「タイヤの製造年が古い」

というものがあります。

激安タイヤを買ったはいいものの、いざ届いてみると「製造年が何年も前のタイヤだった!」という話はかなり多いです。

“タイヤの交換時期の目安は製造から4年”なので、もしも3年前に製造されたタイヤが届いたとしたら、残りたったの1年間しか使えないことになります。

タイヤはゴム製品なので、たとえ使っていなかったとしても日々劣化が進んでいます。
古くても未使用ならいいやというものじゃないんですね。

一見安く見えるタイヤを購入しても、またすぐに交換しなければいけないのなら、長い目で見て損なんです。

タイヤフッドなら全て問題なし

前述した激安通販で注意しなければいけない点もタイヤフッドならまったく気にする必要はありませんよ。

取り付け店を購入時に選ぶことができる!

通販でタイヤを購入した際に必要になる、面倒な取り付け業者を探す手間はありません。

なぜなら、タイヤの購入時にあなたの自宅近くの取り付け業者を提案してくれるからです。

さらに、購入したタイヤは直接取り付け業者に配達される仕組みなので、重いタイヤを車に積んで移動する手間もかかりません。

工賃は全国一律!全てコミコミ!

タイヤフッドが提携する業者は、工賃が全国一律で全てコミコミの超わかりやすい料金設定になっています。

料金は取り付けるタイヤの大きさによって異なるので、以下を参考にしてください。

f:id:otokonobiyo:20181216075039p:plain

タイヤの製造年が新しい!

タイヤフッドで取り扱うタイヤは、基本的に“今年か古くても昨年に製造されたもの”になります。

大半が今年に製造されたものです。

実際に僕がタイヤフッドを利用した時も、4本全てが今年に製造されたものでした。

さらに、全商品に“6ヶ月の無料パンク保証”が付いており、万が一タイヤがパンクした場合には無償で新品と交換してくれます。

釘を踏んでしまったとき、縁石に乗り上げたとき、いたずらされたときなどパンクの理由は関係なしに保証してくれるのは嬉しいですね。

もちろん通販価格で安い!

これだけサービスが充実していながら、タイヤ本体の価格もかなり安いです。

総額で言うとディーラーやカー用品店に比べて数万円は確実に安くなりますよ。

また、国産から外国産まで、あなたの車に合うタイヤを何種類も提案してくれるため幅広い価格帯から選択することが可能です。

この値段で製造年は新しく、半年のパンク保証まで付いているのは破格と言ってもいいですね。

まとめ

今回は、激安通販でタイヤを購入する際の

・持ち込み料金は高い

・タイヤの質が悪いことがある

という注意点を紹介しました。

結果的には、タイヤフッドを利用すれば全て解決します。

タイヤ交換サービスとしては、現時点でこれが最強と言ってもいいのではないでしょうか。

タイヤフッドの公式HPへはコチラからどうぞ。

コチラの記事でもっと詳しく解説しているので是非読んでみてくださいね。

以上、『「激安通販タイヤ→持ち込み」でのタイヤ交換の注意点!タイヤフッドの方が100倍おすすめ!』・・・でした。