車のタイヤがパンクしたときの対処法は2パターン!パンク保証って何??

f:id:otokonobiyo:20190105080024j:plain

外出先で突然のパンク・・・

最悪ですよね。

釘やネジ、なんと先が尖っていないのにボルトが刺さっていることもあるんです。

「どうやったらこんなとこに落とすんだよ」

と落とし主に文句の一つでも言ってやりたいですが、踏んでしまったものはもうどうしようもありません。

そこでこの記事では、タイヤがパンクしたときの対処法と新品タイヤと交換してくれる「パンク保証」について紹介します。

※残念ながらタイヤの側面がパンクした場合は修理不能です。すぐに交換しましょう。

車がパンクしたときは・・・

タイヤがパンクした状態で走るのは非常に危険です。

完全に空気が抜けてしまっている場合は、すぐに走行を中断しロードサービスの手配やスペアタイヤへの交換、もしくはパンク修理キットで応急処置を行ってください。

もしもその状態で走ってしまったら、タイヤの側面に亀裂が生じたり、最悪の場合ホイールまでもが使い物にならなくなってしまうこともあります。

また、ハンドル操作に影響が出るので安全な走行はできないと思ってください。

日本一有名なロードサービス・「JAF」についてはコチラの記事で詳しく紹介しています。

まだ空気が残っているなら、まだギリギリ走行することは可能です。

近くのガソリンスタンドやカー用品店、車屋さんや整備工場など、どこでもいいので駆け込みましょう。

その際は極力スピードを出さないようにしてゆっくり走行しましょう。

パンク修理の値段は2,000〜3,000円ぐらい

もちろんお店によってバラつきはありますが、パンク修理の相場は概ね2,000~3,000円となっています。

パンク修理キットは1,500円ぐらいで購入できるので、自分で直せるならそれが一番安上がりと言えますね。

高いものではないので、1つ車に積んでおくと安心です。スペアタイヤを積載していない車には必須のアイテムですね。

要領も意外と難しくないので下に動画を張っておきます。

しかし、あくまでも応急処置なので安全のためにも一度業者にみてもらうことをオススメします。

パンク修理はあくまでも応急処置

パンク修理を業者に頼むにしても、自分でやるにしてもやはりそれはあくまでも応急処置でしかありません。

一見修理して大丈夫そうに見えても、釘やネジでタイヤの内部は損傷し、確実に強度は低下しています。

厳密には“タイヤの外側から直す(外面修理)か、内側から直す(内面修理)か”という修理の方法によって、その後タイヤを使い続けられるかどうかが変わってくるので説明しておきますね。

タイヤとホイールを離脱させタイヤの内側から修理する方法を「内面修理」といいますが、この方法であれば通常通りタイヤの寿命まで使い続けられる可能性が高いです。

まだ交換して間もないタイヤなら、修理費用はちょっと高くなりますが、業者に「内面修理」を依頼することをオススメします。

逆に交換時期が近いタイヤなら、「内面修理」で応急処置をするか、もうその場でタイヤを交換してしまうというのも一つの手ですね。

ただし、やはり店頭で購入するのとネットで購入するのにはかなりの価格差があります・・・。

タイヤの減りとパンクの関係

タイヤの使用年数、つまりタイヤの減り具合はパンクの発生率に大きく影響していることが分かっています。

f:id:otokonobiyo:20190104192117p:plain

上のグラフのようにタイヤが磨耗するにつれてパンク発生率は上昇していくのです。

特に70%を超えてからの上昇率は凄まじく、適切なタイミングでタイヤ交換をしない事は危険です。

急な出費を防ぐためにもタイヤ交換は早めに!!

「ちょっと金欠だからまだタイヤ交換しない」→「タイヤパンクする」

じゃ元も子もないです。

実店舗で購入するタイヤは高いですし、パンク修理費用を払うぐらいなら新しいタイヤの足しにした方が賢いですよね。

タイヤの寿命は製造日から約4年ですが、状態次第では早めに交換するということも考えておかなければいけませんね。

タイヤフッドを利用すれば、ディーラーやカー用品店よりもタイヤ交換が数万円安くなります。

意外と安く済んじゃうこともあるので、後回しにせずに一度HPを見てみるといいですよ。

タイヤフッドってなに?

僕がタイヤ交換をするときに必ず利用するのが、上で紹介したタイヤフッドなんですが、これがどんなサービスかというと、

『あなたの車に合ったタイヤを数種類提示してくれた後、取り付けを行ってくれる近くの店舗を予約してくれて、取付店舗に直接タイヤを配送し、細かな調整までしてくれて廃タイヤの処分までしてくれる。しかも保証が手厚い』

というタイヤをネットで購入するときに起こる、取付業者の選定やタイヤの持ち込みなどの“めんどくささ”を全て排除した最高のサービスです。

・ネットのタイヤは安いけど持ち込むのが面倒

・それでもなるべく安く済ませたい

という人にピッタリのサービスです。

一応タイヤフッドの公式HPへのリンクを貼っておきますね。⇒タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

もっと詳しく知りたい人は、コチラの記事をご覧下さい。

無料のパンク保証

タイヤフッドの何が凄いかと言うと、それは

全商品に6ヶ月の無料パンク保証が付いていること

です。万が一タイヤがパンクした場合は無償で新品のタイヤと交換してくれます。

もう一度言いますが、“無料”ですからね。

タイヤは安いし、勝手にパンク保証が付いてくるんですから、そりゃタイヤフッドで交換したくなりますよね。

有料ですが、保証期間が2年に延長され1本パンクしても4本全部新品交換してくれる「プレミアム保証」というプランもありますよ。

ですが、僕が素晴らしいと感じるのは、やはり“無料で6ヵ月間保証”ですね。

有料で2年間の保証というサービスは他社にもありますが、無料で6ヵ月間保証というのはタイヤフッドならではの強みです。

まとめ

車がパンクしたときは、

・タイヤがペチャンコなら走行中止

・空気が残っているなら近くの店舗に駆け込む

という2つのパターンに分かれることがわかりましたね。

また、タイヤの使用年数とパンク発生率は比例しており、早めのタイヤ交換は急な出費を抑える一つのテクニックです。

タイヤ交換の際は、タイヤフッドで交換すれば安く済みますし、6ヵ月の無料パンク保証が付いているので是非活用していきたいですね。

タイヤフッドの公式HPへはコチラからどうぞ。⇒タイヤ販売&取付予約サイト【TIREHOOD】

 

以上、『車のタイヤがパンクしたときの対処法は2パターン!パンク保証って何??』・・・でした。