分類番号って知ってる?ナンバープレートの各部分の意味と種類を解説!

f:id:otokonobiyo:20190818111927p:plain

普段何気なく見ているナンバープレートですが、車両の種別や用途を一目で判別できる方法があるのを知ってますか?

知らなくても問題ない豆知識ですが、知っていればちょっとだけ車の運転が楽しくなるかもしれませんよ。

地名の後の数字が「種別・用途」を表している

例えば『多摩500』であれば、本拠の位置が“多摩”で登録されている“定員が10人以下の普通自動車”だと一目でわかるのです。

このように、地名の後に付く数字は『分類番号』といって、車両の種別や用途を表しており、頭文字だけで判別することができるのです。

分類番号の頭文字が「3」なら「3ナンバー」と呼んだり、頭文字が「5」なら「5ナンバー」と呼んだりします。

数字の桁数は何を表している?

分類番号の頭文字は、車両の「種別・用途」を表しているということがわかりましたが、その右にある数字は何を表しているのでしょうか。

それには「車のナンバーには、全く同じものは存在せず、一度登録されたものはその先二度と登録されることはない」というルールが関係しています。

例えば、地名やナンバー、種別・用途が同じでも分類番号の頭文字以外の数字で分けられるようになっているのです。

「多摩500」や「多摩591」という様に、一番左以外の数字は「00〜99」まで各車両に割り振られ、全く同じナンバープレートが存在しないようになっています。

時々、分類番号が2桁しかないナンバーを見かけることがありますが、アレはまだ車の登録台数が少なかった頃に登録されたものです。

分類番号が始まった1951年当初は1桁で足りていたのですが、車の登録台数が増加に伴い2桁になり、現在では3桁となりました。

さらに、3桁でも足りなくなってきた一部地域の特定のナンバーには、アルファベットが導入される事態となっています。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

分類番号と種別・用途

ナンバープレートの見方がわかったところで、分類番号の一番左の数字は、それぞれどんな「種別・用途」を表しているのかを見ていきましょう。

1ナンバー(普通貨物車)

f:id:otokonobiyo:20190818112952j:plain
分類番号が「1」で始まる車両は1ナンバーと呼ばれ、その車両が『普通貨物車』であることを表しています。

分類番号は10〜19、100〜199に振り分けられます。

普通車のサードシートを取り外したりセカンドシートのリクライニング機能をなくしたり等の構造変更をする事で、3ナンバーから1ナンバーへと変更することが可能な車種もあります。

3ナンバーよりも1ナンバーの方が税金の面で優遇されているので、維持費を安くする狙いであえて1ナンバーを取得するユーザーもいます。(※車検有効期間が短くなる等のデメリットもあります。)

2ナンバー(定員11人以上の普通自動車

f:id:otokonobiyo:20190818112942j:plain

分類番号が「2」で始まる車両は2ナンバーと呼ばれ、その車両が『定員11人以上の普通自動車』であることを表しています。

分類番号は20〜29、200〜299に振り分けられます。

一般的にはバスの類がこれに該当することになります。

3ナンバー(定員10人以下の普通自動車)

f:id:otokonobiyo:20190818113030j:plain

分類番号が「3」で始まる車両は3ナンバーと呼ばれ、その車両が『定員10人以下の普通自動車』であることを表しています。

分類番号は30〜39、300〜399に振り分けられます。

一般的な自家用車では、ほとんどが3ナンバーか5ナンバーに分類されますが、両者の違いは車体の大きさや排気量によるもので、基本的にはこちらの方が5ナンバーよりも大きいです。

具体的には、トヨタのアルファードやプリウス、日産のリーフ、スズキのスウィフト(一部グレード)などが3ナンバーに該当します。

『全長・全幅・全高』のどれか一つでも基準を上回ると3ナンバーになるため、近年の大型化に伴い、一見大きくなさそうな3ナンバー車が増えてきています。

4または6ナンバー(小型貨物車)

f:id:otokonobiyo:20190818113141j:plain

分類番号が「4」または「6」で始まる車両は、4ナンバーもしくは6ナンバーと呼ばれ、その車両が『小型貨物車』であることを表しています。

分類番号は40〜49、400〜499まで、または60〜69、600〜699に振り分けられます。

5ナンバーよりも4ナンバーの方が税金の面で優遇されているので、維持費を安くする狙いであえて4ナンバーを取得するユーザーもいます。(※車検有効期間が短くなる等のデメリットもあります。)

また、かつて『三輪貨物自動車』用だった6ナンバーは、現在は『小型貨物車』用になり、4ナンバーを使い切ったときに割り当てられるようになっています。

5または7ナンバー(小型乗用車)

f:id:otokonobiyo:20190818114438j:plain

分類番号が「5」または「7」で始まる車両は、5ナンバーもしくは7ナンバーと呼ばれ、その車両が『小型乗用車』であることを表しています。

分類番号は50〜59、500〜599まで、または70〜79、700〜799に振り分けられます。

一般的な自家用車では、ほとんどが3ナンバーか5ナンバーに分類されますが、両者の違いは車体の大きさや排気量によるもので、基本的にはこちらの方が3ナンバーよりも小さいです。

具体的には、ホンダのステップワゴン、トヨタのノア・ヴォクシー、アクアなどが5ナンバーに該当します。

また、かつて『三輪自動車』用だった7ナンバーは、現在は『小型乗用車』用になり、5ナンバーを使い切ったときに割り当てられるようになっています。

8ナンバー(特種用途自動車)

f:id:otokonobiyo:20190818114847j:plain

分類番号が「8」で始まる車両は1ナンバーと呼ばれ、その車両が『特種用途自動車』であることを表しています。

分類番号は80〜89、800〜899に振り分けられます。

具体的にはパトカーや消防車、救急車や霊柩車など特種な用途に使われる車両が該当します。

9または0ナンバー(大型特殊自動車)

f:id:otokonobiyo:20190818115017j:plain

分類番号が「9」または「0」で始まる車両は、9ナンバーもしくは0ナンバーと呼ばれ、その車両が『大型特殊自動車』であることを表しています。

分類番号は90〜99、900〜999まで、または00〜09、000〜099に振り分けられます。

具体的にはブルドーザーやクレーン車、ショベルカーや清掃車などが該当します。

その中でも建設に使用される車両は0ナンバーに分類され、その他の車両が9ナンバーに分類されます。

 

平仮名にも意味がある

テキトーに割り振られていそうな平仮名にも、実は以下のように事業用か自家用か等を区別するものとなっています。

・事業用:あいうえ/かきくけこ/を

・自家用:さすせそ/たちつてと/なにぬねの/はひふほ/まみむめも/やゆ/らりるろ

・レンタカー:れ/わ

・駐留軍人用車両(米軍関係車両):よ/EHKMTY

日本のナンバープレートには珍しいアルファベットの文字ですが、米軍基地の近くでは割とよく見かけます。

詳しくはコチラの記事でも解説しています。

・使用禁止:お/し/へ/ん

『お』は『あ』と見間違えやすいから、『し』は『死』を連想するから、『へ』は屁を連想するから、『ん』は発音しにくいからという理由でナンバープレートには使用されていません。

一連指定番号って?

一番大きく表示された4つの番号、あれは「一連指定番号」という正式名称があります。

今では当たり前になった希望ナンバー制度は1999年に開始され、一つの個性の出し方としてとても人気ですよね。

『1111』や『・・・7』など、人気のナンバーは抽選になってしまうこともあります。

ナンバープレートの色にも意味がある

ナンバープレート自体の色も用途別に分けられています。

基本的には、色は4種類となっているのでそれぞれ見ていきましょう。

白地に緑文字(自家用)

f:id:otokonobiyo:20190818120444p:plain

説明するまでもありませんが、自家用車にはこのカラーリングが使われています。

緑地に白文字(事業用)

f:id:otokonobiyo:20190819105555p:plain

事業用の車両は、自家用と反対のカラーリングになっています。

タクシーやバスなど仕事で使う車はこの色になっており、街でもよく見かけるものです。

黄色地に黒文字(自家用軽自動車)

f:id:otokonobiyo:20190819105644p:plain

軽自動車でお馴染みのカラーリングですが、正直あまり人気がありません。

最近では、ラグビーワールドカップや東京オリンピックの特別仕様ナンバープレートを装着することで、軽自動車なのに白ナンバーにしている車が増えてきましたね。

さらにご当地ナンバープレートも登場し、今後はただの黄色いナンバープレートは減っていくかもしれません。

黒地に黄色文字(事業用軽自動車)

f:id:otokonobiyo:20190819105734p:plain

自家用軽自動車のカラーリングを反転させたものは、事業用の軽自動車になります。

もう20年近く経ちますが、筆者が子供の頃はこのナンバープレートのことを「クロッキー」と呼んで、1日で5回見つけると幸せが訪れるなんて言ってました。

 

まとめ

分類文字や平仮名、一連指定番号に色など何気なく眺めていたナンバープレートにはたくさんの意味があることがわかりました。

『知って得する』とまでは言えませんが、今日から車の運転がちょっとだけ楽しくなるかもしれませんよ。

 

以上、『車の種類が一目でわかる!ナンバープレートの数字の意味を解説!』・・・でした。