歯列矯正の種類と費用、治療期間の目安とメリット・デメリットをわかりやすく紹介する。

f:id:otokonobiyo:20190302143929p:plain

歯並びを良くし、見た目の美しさをアップさせるために歯列矯正はとても有効な方法です。

この記事を読んでいる人の中には、歯列矯正を検討しているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、矯正に使う器具や方法は数種類あり、それぞれ費用や治療期間も異なります。

さらに、歯科矯正は保険適用外のため治療にかかる費用は歯医者によってバラバラ。オマケに症状によって費用も期間も前後するためイメージを膨らませにくいです。

そこでこの記事では、歯列矯正の種類と費用、期間の“目安”を紹介し、アナタの治療の第一歩を手助けできたらと思います。

メタルブラケット

f:id:otokonobiyo:20190302143958j:plain

歯の表側に金属製の矯正器具を装着し、ワイヤーの力で少しずつ歯を動かしていく最も一般的な矯正法です。

矯正治療の中では比較的安価ですが、器具が目立ちやすく痛みが発生することもあります。

費用

800,000円

治療期間

2~3年

メリット

・幅広い症状に対応できる

・比較的費用が安い

・丈夫で破損しにくい

デメリット

・矯正器具が目立つ

・歯磨きがやりにくい

・金属アレルギーの人は使用できない

審美ブラケット

f:id:otokonobiyo:20190302144039j:plain

メタルブラケットと仕組みは同じですが、ブラケットやワイヤーを金属以外の目立たない素材(セラミック、プラスチック、樹脂など)に換えたものです。

メタルブラケットよりも高いですが、器具自体がかなり目立ちにくくなります。

費用

900,000円

治療期間

2~3年

メリット

・矯正器具が目立ちにくい

・幅広い症状に対応できる

・金属アレルギーの人も使用できる

デメリット

・メタルブラケットよりも費用が高い

・メタルブラケットに比べ強度が弱い

・歯磨きがやりにくい

裏側矯正

f:id:otokonobiyo:20190302144104j:plain

メタルブラケットや審美ブラケットを歯の表側ではなく、歯の裏側に装着することで見た目には矯正していることがわかりません。

歯を裏側から引っ張るため出っ歯の治療にも有効な方法です。

費用

1,200,000円

治療期間

2~3年

メリット

・外から矯正器具が見えない

デメリット

・下が器具に触れるため違和感がある

・発音しにくく話しづらい

・歯列矯正の中でも一番費用が高い

マウスピース矯正

f:id:otokonobiyo:20190302144426j:plain

「インビザライン」や「クリアアライナー」といった種類があります。

薄い透明のマウスピースを装着し矯正していく方法で、治療の段階に合わせて2~3週間ごとにマウスピースを作り変える必要があります。

食事や歯磨き以外のほとんどの時間に装着しておかなければならず、きちんと時間を守らないと治療が長引く原因となります。

料金

800,000円

治療期間

1~2年

メリット

・矯正していることが目立ちにくい

・違和感が少ない

・食事や歯磨きの際には取り外すことができる

・痛みが少ない

デメリット

・治療期間が長くなりがち

・症状によっては使用できない

・決められた装着時間(1日20時間以上など)を守らないと意味がない

・マウスピースを作り直すのが面倒

インプラント矯正

f:id:otokonobiyo:20190302144848p:plain

インプラントと呼ばれる支柱をアゴの骨に埋め込み、そこを支点にしてワイヤーで歯を動かす方法です。他の矯正器具と併用して使われることも多いです。

支点が固定されているため効率が良く治療期間も短いですが、インプラントを埋め込むための手術が必要になります。

料金

1本80,000円

治療期間

1~1年半

メリット

・他の方法に比べて治療期間が半分ほど短縮される

・一本単位で矯正できる

デメリット

・治療期間中にインプラントが外れることがある

・インプラントを埋め込むための手術が必要

まとめ

歯列矯正は保険適用外なので、費用は歯医者が自由に設定することができます。

また、一人一人の症状によっても変わってくるので、ココで紹介する費用や治療期間はあくまでも“目安”として参考程度に留めておいてください。

正確な費用は、実際に歯医者に行き検査を受けてみるまでわかりません。

全国の歯列矯正に対応している歯医者を探すのには『e-矯正歯科.com』がかなりオススメです。

たくさんの口コミを参考にすることができ、ネット予約も簡単にできますよ。

 

以上、『歯列矯正の種類と費用、治療期間の目安とメリット・デメリットをわかりやすく紹介する。 』・・・でした!