自動運転には6段階のレベルがある!自動運転の基本をどこよりもわかりやすく解説

f:id:otokonobiyo:20190702112545j:plain

「目的地を設定するだけで、希望の場所に連れて行ってくれる」

近年の科学技術の進歩を目の当たりにすると、そんな“完全自動運転の自動車社会”もそう遠くない未来だと思わされますね。

また、連日相次ぐ自動車による交通事故の予防策としても期待されており、世界中がその普及に力を入れ始めているところです。

今回は、そんな自動運転の基本について、どこよりもわかりやすく紹介します。

自動運転とは?レベルとは?

あなたが「自動運転」と聞いて思い浮かべるのは、“自動ブレーキなどの安全装置”でしょうか?

それとも“寝ていても目的地に到着するような完全なる自動運転”でしょうか?

このように「自動運転」と一口に言っても、その程度の捉え方は人それぞれなのです。

そこで、自動運転の程度を表す指標として設定されているのが、“自動運転レベル”というわけです。

自動運転レベルは0〜5の6段階

どこまでを人が操作し、どこからシステムが操作するのか。

一般道で使えるのか、高速道路など一部の道路に限られるのか。

運転操作におけるシステムの割合が大きいほど、また自動走行に必要な道路条件が少ないほどレベルの数字は大きくなります。

以下がレベルと自動運転の程度をまとめた表です。

f:id:otokonobiyo:20190702131427p:plain

それではもっと詳しく見ていきましょう。

レベル0(普通の車)

人間がすべての操作を行います。

いわゆる普通の車ですね。

レベル1(ハンドル操作か加減速のどちらかをサポート)

車線をはみ出しそうになると車を中央に戻そうとハンドルを動かしてくれたり、人や物に衝突しそうになるとブレーキをかけてくれたり(安全装置)という、私たちの運転のサポートを行ってくれるというものです。

他にも先行車と一定の距離を保ち、人間がアクセルを踏むことなく、システムが自動で加減速を行うアダプティブ・クルーズ・コントロール(以下ACCと表記)などがあります。

しかし、あくまでも人間が主体となる運転を“サポート”するものであり、レベル1は「運転支援」と呼ばれ厳密には自動運転ではありません。

近頃相次ぐ高齢者ドライバーによる交通事故を受け、政府は新たな免許制度を作ることを検討していますが、高齢者が運転する車には、このレベル1の安全装置の搭載が義務付けられる可能性が高いとされています。

レベル2(ハンドル操作と加減速のどちらもサポート)

レベル1のACCは、先行車と一定の距離を保つため、システムが自動で加減速を行ってくれるものですが、ハンドル操作は人間が行う必要がありました。

レベル2になると、ACCと同時にハンドル操作のサポートも行ってくれるようになるなど、複数のシステムを同時に動かせるようになり、かなり「自動運転」っぽくなってきました。

一定の環境下では車線変更もシステムが行ってくれるのです。

しかし、レベル2もまた「運転支援」に過ぎず、システムの作動中は“ハンドルを握っていなければならない”などの条件が付きます。

手放し運転が可能なシステムもいくつか発表されていますが、“運転者は常に前方を注視し、いつでもハンドル操作を行える状態”という条件付きです。

運転者はドライバーモニターカメラに監視されているため、後方を向いて会話したり、携帯を触ったりすることはできません。

日産の運転支援システム・「プロパイロット」をはじめ、海外でも多数のメーカーの市販モデルにレベル2が搭載されています。

レベル3(特定の場所で全てが自動だが、緊急時は人間が操作)

高速道路などの特定の場所で、システムが人間に代わり全ての操作を行います。

レベル1、レベル2とは違いレベル3からはいよいよ「自動運転」というわけです。

しかし、緊急時には人間が操作を行えることが条件であるため、運転者に対する完全なモニタリングシステムが必須となります。

また、緊急時という切迫した状況において、人間がスピーディにかつスムーズにその危機を回避できるのかという指摘も挙がっています。

さらに、アウディのA8には世界で唯一、レベル3相当の自動運転技術が搭載されていますが、それを公道で走らせるための法律が制定されていないため、実用化に至っていないのが現状です。

レベル4(特定の場所で全てが自動)

特定の場所において、完全に自動化された状態がレベル4です。

ここまで来ると、ついに人類が夢見た「自動運転」まであと一歩というところです。

人間とシステムそれぞれの操作が混在していたレベル3と違い、事故の責任の所在が“車”に限定されることから、法整備に関してはレベル4の方が容易だとも言われています。

無人タクシーへの導入などを目指し、日本でもしばしば公道でのテスト走行が行われていますが、未だ実用化には至っていないのが現状です。

レベル5(全ての場所で全てが自動)

場所や環境を問わず、完全なる自動運転が可能な状態がレベル5です。

もはやハンドルもアクセルペダルもブレーキペダルも必要ありません。

車に乗り込んだら目的地を設定するだけ。

あとは寝ていようがゲームしていようが、自動運転であなたを安全に目的地まで送り届けます。

レベル5の自動運転車が公道を走る頃には、車による交通事故がない世の中になっているかもしれませんね。

さいごに

ご紹介した自動運転のレベルとその定義は、アメリカの「自動車技術会(SAE)」が示しているものであり、日本を含む世界共通の基準となっています。

日本の「自動車技術会(JSAE)」はその翻訳版を発行しており、内容は専用ページから無料で閲覧可能です。

気になる人は是非目を通してみてはいかがでしょうか。

https://www.jsae.or.jp/08std/data/DrivingAutomation/jaso_tp18004-18.pdf

以上、『自動運転には6段階のレベルがあるって知ってた?サルでもわかる自動運転の基本』・・・でした。