【2019年版】JAFの年会費や料金とロードサービスの種類についてわかりやすく解説する

f:id:otokonobiyo:20190113211531j:plain

出先でタイヤがパンクしたり、バッテリーが上がったり・・・

そんな急なトラブルの強い味方がロードサービスですよね。

そして、そんなロードサービスの中でおそらく日本で最も有名な会社がJAFでしょう。

免許を持っている人なら誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、そんなJAFの料金と受けられるサービスについて紹介します。

JAFとは

知らない人はいないかもしれませんが、ロードサービスのことですね。

車の故障やトラブル時に電話一本で駆けつけてくれる。いわば“車に関する119番”的な感じです。

なんとその会員数は約2000万人。

日本の自動車免許保有者はおよそ8000万人なので、免許を持っている人の4人に1人がJAFに加入しているということですね。

24時間、365日、日本全国どこへでも駆けつけてくれる。まさにスーパーマンのような存在です。

ただ一つ、スーパーマンと違うところは、そのサービスを受けるには料金が発生するということ。

JAFの料金はいくら?

JAF の会員になるには入会金と年会費を支払う必要があります。

会員になることで、JAFが提供するほぼ全てのサービスを無料で受けることができるんですよ。

万が一のときのお守りのような感覚で加入している人が多いですね。

年会費はいくら?

年会費は一律4,000円です。

ただし、家族会員は一律2,000円で、入会金も無料となっています。

f:id:otokonobiyo:20190113204852p:plain

例えば、お父さん・お母さん・息子・娘の4人家族で、

お父さんが本会員であれば、お母さんと息子と娘は家族会員になることができ、上の料金になるということです。

入会金はいくら?

入会金は、年会費を一度に何年分払うのかによって変動します。

f:id:otokonobiyo:20190113205539p:plain

基本は、年会費1年分コースで2,000円ですね。

1年分コースのみ、クレジットカードによる自動引き落としにすれば入会金が500円OFFになります。

さらに2年分、3年分、5年分と一度に払う年会費が大きくなるにつれて、入会金が最大で無料になります。

とりあえず1年間JAFを使ってみたいって人は、1年分コース+クレジットカード払いがオススメです。

JAFは車を買い換えたとしても、サービスは変わらず継続するので、5年コースで入会金を節約するという手もアリですね。

受けられるサービス

では、JAF では一体どんなロードサービスを受けられるのでしょうか。

以下に箇条書きにしてみます。

バッテリー上がり

タイヤ交換

パンク応急処置

キーの閉じ込み

燃料切れ

落輪

故障車・事故車の牽引

これだけの充実したサービスが全て無料で受けられます。

唯一、牽引作業に限っては、「15kmまで無料で15kmを超過すると1km毎に720円」の料金が発生してしまいますが、改めてこれだけのサービスを年会費4,000円で受けられるのはかなりコスパがいいですね。

非会員でもサービスは受けられるけど・・・

JAFは会員じゃなくても呼んだら助けに来てくれるって知ってましたか?

ただし、当たり前ですが、会員が無料で受けられるサービスの全てにお金を払わなければなりません。

例えば、「高速道路上でタイヤがパンクしてしまって、パンク修理キットやスペアタイヤもなかった」場合、JAFを呼んでパンク修理をしてもらうと・・・

なんと21,110円もの料金が掛かってしまいます。

でも値段なんて気にしている場合ではありませんから、イヤでも呼ぶしかありませんよね。

こんなときに「JAF入っとけばよかったわ・・・」なんて思うくらいだったら、今すぐ入っておいたほうがいいですよね。

ぶっちゃけ4,000円なんて一発で元取っちゃいます。

JAFナビ

JAFの会員限定で、様々な店舗で使える割引クーポンを配布している「JAFナビ」というサービスがあるんですけど、

これがまじで凄いです。

何が凄いかっていうと、種類が多すぎなんです。

しかも実用性のあるクーポンがめちゃめちゃ多いんです。

これでもほんの一部ですが、例えば外食系で使えるお店はこんな感じですよ。

f:id:otokonobiyo:20190114074313p:plain

個人的には、ねぎ玉牛丼が大好きなのと映画もしょっちゅう観に行くので、すき家・吉野家の50円OFFとイオンシネマの500円OFF割引クーポンはかなり嬉しいですね。

クーポンの種類がマジで多いので、これだけでも年会費の元を取ってしまいますよ。

まとめ

この記事では、JAFの年会費やサービスについて紹介しましたが、改めて見ると4,000円であのサービスはかなりコスパが良いですね。

いざ故障やトラブルが起きると4,000円じゃ絶対に収まりませんからね。

この機会に入会を検討してみるのもいいのではないでしょうか。

一応公式HPのリンクを貼っておきますね。⇒安心&充実のロードサービス!JAF入会はこちら

 

以上、『【2019年版】JAFの年会費や料金の仕組みをどこよりもわかりやすく解説する!』・・・でした。