僕が専門業者で車のコーティングをするのをやめた理由は単純に高いから

f:id:otokonobiyo:20181123151808p:plain

皆さんが車のコーティングを考えるときってどんなときですか?

新しく車を購入したとき?

それとも車の小傷や水垢が目立ってきたとき?

僕は人生で初めて車(中古車)を買ったとき、すぐに専門業者にコーティングを依頼しました。

たしか料金は磨きも入れて11万円程だったと思います。

そして、この1年後に

「もう二度と業者にコーティングは依頼しない!」

と心に誓いました。

今回はその理由をお話ししますね。

 

値段が高すぎる

前述した通り、僕は黒の中古車を買った時に磨きを含めたコーティングを11万円もかけて依頼しました。

コーティング施工が終了した時の愛車を見て感動した時のことは今でも覚えてますね。
そりゃもうピッカピカでしたから。

いやもうビカンビカンですよ。

当時、車に対して何の知識もなかった僕は

「11万の価値あったぜぃ!」

と喜んでいたんですが、もしもあの時の僕に声をかけることができるなら

「アホかお前は」

と言いたいですね。

それは、黒の中古車が見違えるように綺麗になったのは「磨き8割コーティング2割」だからです。

ボディの美しさっていうのは、下地の美しさで決まるんですよ。

例えば、水垢だらけ小傷だらけのボディにどれだけ高価なコーティング剤を塗りたくってもボディは美しく輝きません。

逆に言えば、水垢を除去し小傷をならし、下地を美しく整えてさえいれば、市販の安いガラス系コーティング剤でもボディは美しく輝くんです。

つまりなにが言いたいかというと、実質磨きだけに10万円も払う価値はあるのか?ってことです。

まだ下地が美しい状態の新車なら自分でコーティング剤を吹きかけるだけでホント十分です。

小傷や水垢が蓄積された車でも自分で磨けば、道具代を入れても1万円ちょっとですね。

この道具は、ボディを磨くポリッシャーというものです。

もちろん手作業でもできないことはないですが、手作業でやってたのがアホらしくなるぐらい楽で時短です。

安いのだと3,000円を切る商品もありますが、失敗したくないならちょっと頑張って高いものを買ったほうがいいですね。

なんかいろんな制限が付く

当時僕が施工してもらったコーティングは、

「これさえしとけば3年間ノーメンテ!!」

という商品でした。

しかし、効果を3年間持続させるにはいくつかの制限があったのです。

それは、

・洗車機は禁止だよ^^

・市販のコーティングはダメだよ^^

・ワックスも禁止だよ^^

・洗剤も使っていいやつダメなやつがあるよ^^

 

いやマジでうるせー!

って思いましたね。

洗車傷の原因になるしコーティングを傷つける原因になるから洗車機がダメなのはわかります。

コーディングの効果を発揮するために、市販のコーティング剤やワックスを使うなというのもわかります。

コーディングによろしくない成分が入った洗剤を使ってはいけないというのも納得できます。

 

でも!

 

手洗いめんどくさいな…

洗車機ぶち込んじゃおっかな…

なんて思うときもあるじゃないですか。

 

人生で初めて買った車ですよ?

 

カー用品店に行って、「ふむふむ、このコーティング剤よさそうだな」
とか

「このシャンプー使ってみよっかな」

とかしたいじゃないですか!

洗車後に自分の手でメンテナンスしたくなるときだってあるじゃないですか!

せっかくの自分だけの車のはずなのに、自分がしたいことができない。

「禁止事項を破ったらコーティングの効果が3年間持続しなくても自己責任ですよ」

と言われている気がしてならなかったんです。

費用対効果が分かりづらい

前述した禁止事項を全て守っていても、あくまで体感ですがコーティングの効果は1年と持ちませんでした・・・。

ところが、コーディングって効果がなくなったのか続いているのかを判断するのが難しいんですよ。

3年間を過ぎた途端にピタッと効果がなくなるのなら一目瞭然ですが、コーディングの効果はジワリジワリと少しずつ薄れていくものです。

「まだ1年しか経ってないのに効果が薄れてきたような気がするんですけどー」

なんて業者に言っても

「いやいや大丈夫だよ^^水かけてみたけどバリバリ効果でてるよ^^」

と言われたらそれまでなんです。

だって水の弾き具合や汚れの付きにくさを数値化するような機械はないんですから。

僕の場合は、11万円も払ったにも関わらず1年も持たなかったのがあまりにショックで、スタッフの顔も見たくなかったので何も文句は言ってません。

つまり、高額なサービスなのにきちんと効果が表われているのかとても分かりづらいんです。

市販のコーティング剤でマジで十分

あなたが車を通常の範囲内で使用するのなら、コーティングは市販のガラス系コーティング剤で十分です。

“通常の範囲内で”と言ったのは、車をコンテストに出したりするような人は少しでも車を良く見せるために高価なコーティングが必要なのかなと思うからです。

何回も言いますが、それ以外の人は市販の商品でマジで十分です。

値段も1本1,000円ぐらいからありますので。

洗車後にシュシュッと吹きかけるだけで数万円浮くんですから絶対にこっちのほうがいいですよ。

コーティング剤の選び方とオススメの商品についてはコチラの記事で紹介しているので是非目を通してみてください。

業者でのコーティングが向いている人

ここまでの僕の持論を考慮し、それでも専門業者でのコーティングをオススメできる人の特徴をまとめてみました。

・車を少しでもキレイに見せたい人

・自分では一切メンテナンスする気がない人

・お金持ちの人

・3年って言ってたのに1年しか持たなかった!も我慢できる人

まとめ

業者のコーティングの悪口大会のような記事になってしまいましたが、全ての業者がそうであるとは言いません。

「3年間ノーメンテでオッケー」と謳い、本当に3年間の耐久力を持つ業者もあるでしょう。

もしも、効果が薄れてきたらもう一度無料でコーティングをしてくれるような業者もあるでしょう。

ただ、一つだけ言わせてください。

 

「市販のコーティング剤使った方が話は早いです。」