ナンバープレートの分類番号やひらがなの部分がアルファベットのアレなに!?

f:id:otokonobiyo:20190821162154p:plain

ナンバープレートの地名の次にある二桁や三桁の数字を『分類番号』といいますが、そこにアルファベットが使われているものがあるって知ってますか?

また、ひらがなの部分がアルファベットになっているものもあるんです。

これらは、あまり見かけることのないちょっとレアなナンバープレートですが、そのアルファベットにはちゃんと意味があります。

今回は、そんなナンバープレートに使われるアルファベットについて紹介します。

分類番号にアルファベットってなに?

f:id:otokonobiyo:20190821161630p:plain

例えば「多摩500」のように、私たちがよく目にするナンバープレートには、上段の分類番号が地名+3桁の数字で構成されているものが多いです。

しかし、ここ数年「多摩50A」のように、分類番号にアルファベットが使われたナンバープレートが増えてきています。

その理由を説明する前に、まず「分類番号とは何か?」を知ってもらいたいと思います。

分類番号について既にご存知の方は飛ばしてくださいね。

分類番号は、車両の「種別・用途」を表している

分類番号の最初の数字はその車の「種別・用途」を表しています。

以下に数字別の種別および用途を簡単にまとめていますが、詳しく知りたい場合はコチラの記事を読んでみてください。

1ナンバー(普通貨物車)

2ナンバー(定員11人以上の普通自動車)

3ナンバー(定員10人以下の普通自動車)

4または6ナンバー(小型貨物車)

5または7ナンバー(小型乗用車)

8ナンバー(特種用途自動車)

9または0ナンバー(大型特殊自動車)

数字の桁数の意味は?

分類番号の頭文字以外の数字は、各車両に割り振られた番号です。

車のナンバープレートには「全く同じものは存在せず、一度登録されたものはその先二度と登録されることはない」というルールがあり、地名やナンバー、種別および用途が同じでも分類番号の頭文字時以外の数字で分けられるようになっています。

「500」や「501」という様に、頭文字以外の数字は「00〜99」まで用意されており、全く同じナンバープレートが存在しないようになっています。

では、「599」まで埋まってしまったらどうすればいいのでしょうか。

過去に登録されたナンバープレートはその先二度と使えませんよね。

もうお気づきかと思いますが、ココにナンバープレートにアルファベットが導入された理由があります。

車の登録台数の増加とともに分類番号も変化

分類番号が始まった1951年当時、自動車の登録台数が少なかったころは、「多摩50」のように分類番号は2桁でした。

登録台数が少ないので2桁で十分事足りていたんですね。

しかし、自動車の登録台数が増加するにつれて、当然数字が足りなくなっていったため1998年から分類番号は3桁になります。

今でもたまに見かける分類番号が2桁のナンバープレートは、分類番号が3桁化する以前に登録されたものになります。

さらに、3桁化と同時に始まった希望番号制の登場により「1111」や「・777」など、特定の番号に人気が集中したため分類番号がどんどん枯渇していくのです。

アルファベットはナンバープレートの在庫切れを危惧して導入された

分類番号を2桁から3桁に増やしたところで、リセットされることがなければいつか在庫切れになってしまうことは必然です。

じゃあ次は3桁から4桁に増やすのか?

いっそ5桁ぐらいにしちゃうのか?

そんな議論があったのかどうかはわかりませんが、結果的にこのような経緯で桁数は変わることなくアルファベットを追加することになったのです。

もちろんアルファベットを使ってもいつかは枯渇してしまうので、数十年後には分類番号が4桁や5桁になっているかもしれませんね。

 

使用されるアルファベットは10文字

アルファベットは全部で26文字ありますが、分類番号に使われるのはその中でも以下の10文字だけです。

「A C F H K L M P X Y」

『B』は『8』、『D』は『0』、『I』は『1』、『O』は『0』など、見間違えやすいアルファベットの使用はされません。

アルファベット入りのナンバーは希望できるの?

ナンバープレートで希望できるのは一連指定番号のみで、分類番号の指定はできません。

したがって、アルファベット入りのナンバープレートを希望することはできません。

しかし、人気番号の在庫が少ない地域で人気番号のナンバープレートを申請すれば、アルファベットが入る可能性は高くなります。

以下の地域では、すでにアルファベット入りのナンバープレートが交付されているので、該当する人は狙ってみるのもいいのではないでしょうか。

札幌、品川、練馬、足立、横浜、岐阜、名古屋、滋賀、大阪、神戸、岡山、福岡

ひらがなの部分がアルファベットってなに?

f:id:otokonobiyo:20190821221413p:plain

実は、分類番号の数字ではなくひらがなの部分がアルファベットになっているナンバープレートもあるんです。

こちらはナンバープレートの枯渇とは何の関係もありません。

駐留軍人用車両(米軍関係車両)には、ひらがなの部分に以下の文字が使われており、珍しいナンバープレートですが、米軍基地の近くでは割とよく見かけます。

『よ/EHKMTY』

さらに詳しく見ていくと

駐留軍人用のアルファベット等には、その文字によりさらに以下のように分類されています。

・EHKM:米軍が所有している業務用外の車両で、かつ非課税。

・T:本国から持ち込んできた軍人の私有車両。

・Y:軍人の私有車両。

・よ:日本で退役、もしくは除隊した軍人の車両。

まとめ

・人気番号のナンバーの在庫がないとき

・米軍関係者が所有する車両のとき 

ナンバープレートにアルファベットが使われる2パターンを紹介していきました。

アルファベット入りはなんだかアメリカっぽくて憧れますが、今のところ全国でも12地域のみの交付に留まっています。

しかし、今後車の登録台数が増えるにつれ、ナンバープレートの枯渇は避けられず確実に全国に普及していくので楽しみに待ちましょう。

 

以上、『ナンバープレートの分類番号やひらがなの部分がアルファベットのアレなに!?』・・・でした。