タイヤ交換の料金を安く抑える方法!ディーラーやオートバックスは高い!

f:id:otokonobiyo:20181213234141j:plain

タイヤ交換って高くないですか?

だいたい4年を目安に交換が必要になってきますが、4本同時に交換するのが一般的で、その費用ってかなり高いですよね。

僕も車検とタイヤ交換の時期はマジで憂鬱です。

そんなタイヤ交換を少しでも安く、

いや、この方法だとディーラーやオートバックス等よりも2~3万円は安くなります。

この記事では、僕がタイヤ交換の際に実践している方法を紹介します。

結論としては、タイヤフッドを利用するのがベストなので、せっかちな人は公式サイトを覗いてみてください。

安く抑えるポイントはやはり「ネット購入」

いきなり結論から言わせてもらうと、

タイヤをネットで購入し、店舗に持ち込んで交換してもらう

これが一番安く済みます。間違いありません。

しかし、ネットで購入した場合、“それをどこで取り付けるか”が必ずネックになってくるんですよね。

ディーラーやオートバックス等のカー用品店はタイヤ代と工賃の両方で儲けを出していますから、

「ネットで激安タイヤ買ったんで取り付けだけお願いしまーす」

とタイヤを持ち込んでも、工賃を通常よりもだいぶ割り増しで要求されます。

そりゃそうですよね。

本当ならタイヤ代でも儲けられたのにネットで知恵をつけたお客が

「タイヤはあるから交換だけしてくれ」

って言ってくるんですから。

焼き鳥屋に行って、「肉は持ってきたんで串に刺して焼いて持ってきてくれ」って言うのと同じようなもんですよ。

手間賃をボッタクリたくなる気持ちもわかる気がしませんか?

話が逸れましたが、上のような理由でせっかくタイヤを安くゲットしたのに、「工賃高すぎて結局一緒ぐらいじゃん」という状況になってしまうことは多いんです。

タイヤフッドを利用するべし

上で説明したようにタイヤ交換を安く済ませるには、

1.タイヤの値段

2.工賃

の2つをいかに抑えるかが勝負ということです。

結局は、“安い工賃で交換してくれるところを探すことができるか”なんです。

じゃあ、あなたの家の近くのカー用品店やディーラー、中古車屋、ガソリンスタンドに個人経営の整備工場など片っ端から電話して工賃を聞いてみますか?

そんなことしませんよね。

「全国津々浦々のタイヤ交換の工賃が安い店舗をまとめたサイトとかあればいいのにー」と思ったでしょう??

あるんですね、それが。

それがタイヤフッドというサービスです。

タイヤの購入から取り付けまでがワンストップでできる、車にあまり詳しくない人でも簡単に利用できるマジで便利なサービスです。

『あなたの車に合うタイヤをネット価格で販売してくれて、さらにあなたの家の近くにある安い工賃でタイヤ交換してくれるところの予約までしてくれる』

というタイヤ交換の神様のようなサイトです。

焼き鳥に例えるなら、

『肉を卸価格で安く売ってくれて、さらにあなたの家の近くにあって、串刺しから焼きまでしてくれる肉持ち込みOKの焼き鳥屋を予約してくれる』

というありえないサービスです。

タイヤフッドを選ぶメリット

『タイヤの購入から取り付けまでがワンストップでできて簡単便利』

という理由以外にも、タイヤフッドを選ぶメリットがいくつかあるので紹介していきますね。

工賃が安い

これですよね最大のメリットは。

タイヤ交換を安く済ませるための必須条件です。

エンジンオイルや冷却水などと違って、タイヤ交換を素人がDIYで行うのは難しいです。

道具があればできないことはないですが、お金をかけてまでDIYでやろうと考える人はごく僅かで、業者もそれがわかっています。

コチラが何も知らないと思って価格を強気に設定しているところだってあるんですよ。

そして、『工賃』と一言で言っても、タイヤ交換にかかる工賃の種類には以下のようなものがあります。

1.車体からのタイヤ・ホイールの脱着料

2.タイヤとホイールの組み換え料

3.バランス調整

4.ゴムバルブ交換

5.廃タイヤの処分料

優良店舗以外では総額がかなり高くなってしまうことも少なくありません。

しかし、タイヤフッドではこれらの料金が『タイヤ取り付け料金』の中に全て含まれています。

さらに、取付料金は全国どの店舗でも一律料金に設定されているため、とてもわかりやすく安心ですね。

取り付け料金はタイヤのサイズごとに変わってくるので、以下に載せておきます。

追記 2018年8月1日に取付料金が改定され、さらに安くなりました!

f:id:otokonobiyo:20180912161152p:plain

タイヤは取付店舗に直接配送

タイヤをネットで購入するときのネックの一つに「タイヤが自宅に届く」という問題があります。

まぁ自分で注文したんですから自宅に届くのは当然なんですが、これがかなり面倒臭いんですよ。

取付店舗に持っていくまでは自宅のどこかにタイヤ4本を保管しておかないといけませんが、これがマジで邪魔!

タイヤって意外と大きくて場所を取るし、4本積み上げると結構な高さになって圧迫感がすごいです。そして、いざ取付店舗が決まったら今度は家の中のタイヤを車に積んで行かなければなりませんが、タイヤって重い・・・。

それにトランクがもの凄く大きい車ならスペースが確保できますが、コンパクトカーぐらいの大きさなら後部座席のシートを倒してタイヤを詰め込んで・・・。もう車内はぐちゃぐちゃですよ。

綺麗好きの僕は堪えられません。

その点タイヤフッド購入したタイヤを取付店舗に直接送ってくれるので、車への面倒な積み下ろしをする必要がありません。

また、取付店への電話なども必要なく指定した日時に行くだけでオッケーです。

タイヤの質にこだわっている

ネットで格安のタイヤを購入したときによくある話が、

「このタイヤ製造日が何年も前じゃねえか!」

というもの。

“タイヤの交換時期は、タイヤの製造日から4年が目安”となっているため、例えば2年前に製造されたタイヤが届いてしまったら、もうあと2年しか使えないわけです。

こんな激安通販にありがちなトラブルも、タイヤフッドなら安心です。

タイヤフッドで取り扱っているタイヤは、基本的に”今年”か”昨年”製造されたものになります。

大半は当年に製造されたものです。

実際に僕が購入したときも4本全てがその年に製造されたものでした。

オークションやフリマアプリなどでは、

「製造年は5年前ですが新品同様です!」

という中古タイヤが出品されていますが、僕だったら絶対に買いません。

古くなった輪ゴムを思い出してみてください。

製造から長期間が経過した輪ゴムには、使用の頻度に関係なくシワやヒビが生じ弾力性が無くなり、少し伸ばしただけでプチッと切れてしまいますよね。

ゴム製品であるタイヤでもコレと同じ現象が起こっているんです。

たとえ全く使用していなかったとしても、いくら見た目が綺麗でも、輪ゴムと同じように確実にタイヤは劣化しているんです。

あくまでもタイヤの寿命は“製造日”から4年です。

中古のタイヤを購入するときは、「安物買いの銭失い」にならないように気をつけてくださいね。

無料のパンク保証付き

タイヤフッドで購入したタイヤには、全商品に6ヶ月の無料パンク保証付いています。

万が一タイヤがパンクした場合は無償で新品のタイヤと交換してくれるんです。

釘を踏んだり、縁石に乗り上げたり、いたずらされたときにも安心のサービスです。

この保証が“無料”ですからね。

これだけでもタイヤフッドを利用する価値はありますよ。

さらに、タイヤを4本以上購入しているという条件付きですが、有料で保証を2年間まで延ばす「プレミアム保証」に加入することもできます。

これに加入すればタイヤ1本以上がパンクしたときに、なんと4本全てのタイヤを新品と交換してくれるんです。

プレミアム保証の料金は、タイヤ購入価格の約10%です。

4本で40,000円のタイヤを購入した場合、だいたい4,000円ぐらいですね。

そこまで高いものでもないので、運転に自身がない人や心配性の人はお守り代わりに加入しておくのもいいんじゃないでしょうか。

ですが、先ほども述べましたが僕が素晴らしいと感じるのは、やはり“無料で6ヵ月保証”ですね。

有料で2年間の保証というサービスは他社にもあるのですが、無料で6ヵ月間保証というのはタイヤフッドならではの強みです。

購入手続きがわかりやすい

車に詳しくない人は、ネットで安くタイヤを買おうと思っても自分の車に合うタイヤがわからずに妥協してしまうことが多いです。

タイヤフッドでは、タイヤのサイズを選んで購入することも勿論できますが、メーカーと車種、年式を選択するだけであなたの車にオススメのタイヤを提案してくれますよ。

f:id:otokonobiyo:20180614132630p:plain

例えば、「2012年式のトヨタ・プリウス」を条件に検索をかけてみると

f:id:otokonobiyo:20180614132826p:plain

こんな風にあなたの車に合うタイヤを提案してくれますよ。車に詳しくない人でも安心ですね。

サイズから選ぶのもとても簡単なので、簡単に説明しておきますね。

まず、自分の車のタイヤのサイズを確認する必要があります。

ちょっと車のところに行ってみてください。

タイヤの側面にはそのタイヤの情報が記載されているんです。

f:id:otokonobiyo:20180614140443j:plain

これはプリウスのタイヤですが、『195/65R15』と書いてあるのがわかりますよね?

これがこのタイヤのサイズなんです。

195がタイヤの幅、65が扁平率、15がインチ数を表しています。簡単ですね。

f:id:otokonobiyo:20180614141914p:plain

年式やグレードがわからないという人はこの方法でタイヤを検索してみてくださいね。

タイヤフッドとは

ここまで説明したことを全て踏まえた上で、タイヤフッドとは何かを説明すると、

『あなたの車に合ったタイヤを数種類提案してくれて、安い工賃で取り付けてくれる近くの店舗を予約してくれて、取付店舗に直接タイヤを配送し、細かな調整までしてくれて廃タイヤの処分までしてくれるサービス』です。

改めて書くとホント中々良いサービスですね。

これを焼き鳥に例えると、←しつこい

『あなたが好きそうな鶏肉(ブロイラー、銘柄鶏、地鶏など)を提案してくれて、安い手間賃で刺しから焼きまでやってくれる近くの焼き鳥屋を予約してくれて、お店に直接肉を配送し、食べられない部位は処分してくれるサービス」です。

逆に分かりづらいですね。笑

とにかく良いサービスってことです!

まとめ

今までディーラーやオートバックス等のカー用品店にタイヤ交換を頼んでいた人もちょっとは考えが変わったのではないでしょうか?

タイヤの質になんら変わりはないのに、そこで高いお金を払ってまで利用するメリットってなんなのでしょうか。

日常生活のあらゆるモノが通販で変える時代は、車のタイヤにまで広がってきました。今後このようなサービスはどんどん拡大していくでしょうね。

タイヤフッドで浮いたお金を、ぜひ家族や恋人に使ってあげてください。

タイヤフッドの公式HPへはコチラからどうぞ。

以上、『タイヤ交換の料金を安く抑えるコツ!ディーラーやオートバックスは高い』・・・でした。

ディーラーでタイヤ交換することのメリット、デメリットについてはコチラの記事で紹介しています。