ホームホワイトニングのジェルの選び方!自分に合った商品を探そう!

f:id:otokonobiyo:20181006165804p:plain

一口にホワイトニングジェルと言っても種類やメーカーなどさまざまで、当然それぞれ値段も違います。

「どういう基準で選べばいいの?という人のために、ホワイトニングジェルを選ぶ上でチェックするべきポイントをわかりやすく解説します。

そんなことはどうでもいいからオススメのホワイトニングジェルを教えてくれ!って人はコチラの記事をどうぞ。

 

 

はじめに

僕は、ホワイトニング剤を選ぶときにチェックするポイントはせいぜい4つぐらいだと考えています。

その4つとは「価格」「安全性」「濃度と効果」「買いやすさ」です。

『日本製で低価格、安心の低濃度かつ効果は絶大』なんて商品は私の知る限りでは存在しません。

全ての条件を満たす商品などないので、自分がどのポイントに重きを置くかでホワイトニング剤を選ぶということになります。

価格

あたりまえですが、安いに越したことはないです。

基本的に海外の商品は安く、日本製の商品は高いです。

テクニックとして、僕は海外製のジェルを購入するときには個人輸入をオススメしています。

理由は、歯医者で買うより圧倒的に安いからです。

通販や個人輸入で買わない人は歯医者から購入するわけですが、はっきり言って高すぎて馬鹿らしいです。

歯医者で買うと、1本あたりで通販や個人輸入の倍以上はしますからね。

1本だとその差は1500円程度かもしれませんが、ホームホワイトニングは継続して行うものです。10本以上買えば数万円もの差になってしまいます。

あくまでも個人の意見ですが、歯医者で買うメリットはないと考えています。

ただ、個人輸入や通販の場合、もしも万が一、歯になにか良くない症状が出ても誰も保証してくれないというのは事実です。

もし、そのリスクがイヤなら大人しく歯医者で購入するべきですね。

しかし、せめてジェル代以外の料金が安い優良な歯医者を見つけることが必須だと思います。

安全性

基本的に、有名メーカーのホワイトニングジェルならどれも安全です。

しかし、中には食べ物でも洋服でもそうですが、「海外製品はイヤだ!」という人っていますよね。

たしかに日本人に合わせて作られた日本製の商品は安全で安心だと思います。

ホワイトニングジェルも同じで、安全性に強くこだわるのならば日本製を購入しておけば間違いはないでしょう。

濃度と効果

濃度と効果は反比例します。濃度が高ければ効果は大きく、濃度が低ければ効果も小さいです。残念ながら濃度が低く効果は大きい商品はないんです。

高濃度の商品は効果が高い代償として、刺激が強かったり知覚過敏が起きやすい等のリスクもあるため、日本の薬事法では濃度10%までしか認可が下りないことになっています。したがって、日本製ホワイトニング剤には濃度10%しかラインナップされていないんです。

海外製ホワイトニング剤は、個人輸入により10%よりも高濃度の商品を手に入れることが可能であることから人気の理由の一つとなっています。

濃度と効果の関係

しかし、ひとつ注意してほしいのは『濃度が高いからといって早く白くなる訳ではない』という点です。

「は?」と感じた人もいると思うので説明しておきます。

例えば、『オパールエッセンス』というジェルの場合、濃度は10%、15%、20%、35%とラインナップされていますが、この濃度毎の効果の違いは『装着時間』の違いです。

オパールエッセンスの推奨施術時間は以下のようになっています。

・10%→6~8時間

・15%→4~6時間

・20%→2~4時間

・35%→30分

基本的にホームホワイトニングは約2~3週間程度で効果を実感できますが、濃度を高くしたからといって、それが1週間に短縮される訳ではないということです。

あくまでも『一回の施術に対する装着時間が短縮されるだけ』ということを理解しておいてください。

適切な推奨時間を理解する

日本の多くの歯医者では「使用時間は2時間」と言われます。日本の歯医者では、海外製ホワイトニング剤10%でも一回2時間の装着を勧められます。

“メーカーの推奨施術時間が6~8時間となっているのに”です。

全ての歯医者がそうではないかもしれませんが、もしも知覚過敏が起きたりその他のトラブルが起きたりした時のために安全策を取っているのです。

日本の薬事法では、ホワイトニングは10%の濃度までしか認可が下りません。そのため国内メーカーは「濃度10%で使用時間は2時間」に設定されています。

これも、歯医者が海外製ホワイトニングジェルでも「濃度10%で使用時間は2時間」と指示する1つの要因になっていると思われます。

しかし、実際に「日中に2時間のホワイトニング」と「就寝中に6~8時間のホワイトニング」では、効果が現れるのにかなりの時間差があるんです。

つまり、何が言いたいいいたいかというと

一日2時間ぐらいじゃ全然白くなんねぇよ

ってことです。

あくまでも自己責任ですが、本来低濃度のホワイトニングジェルは、就寝中の施術を前提に作られているということを理解し、自分にあった施術時間でホワイトニングを行いましょう。

買いやすさ

やはりAmazon、楽天市場で購入可能な商品は「買いやすい」と言えるでしょう。どうしても『個人輸入は難しそうだし無理ぃ』という人は国内の通販サイトで購入できるメーカーを選ぶべきです。

もしくは、諦めて歯医者で購入することです。

なぜなら、ホームホワイトニングは継続することが一番大切だからです。

まとめ

ホワイトニングジェルを選ぶ基準についてなんとなく理解して頂けたでしょうか。

まぁいろいろ自分なりの意見を言いましたが、決め手は「デザインが気に入ったから」でもなんでもいいんです。

要は自分が無理なく楽しく続けられればいいんです。

ここで触れた4つのポイントを踏まえた上で、個人的にオススメのホワイトニングジェルを紹介しているのでコチラの記事も参考にしてみてください。