歯の着色汚れ(ステイン)の原因になる食べ物や飲み物ってなに?

f:id:otokonobiyo:20181012093936p:plain

ホワイトニングをしている人もしていない人も綺麗な白い歯を保ちたいと思うのはごく自然なことです。

どんな歯も日々の生活習慣によりだんだんと黄ばんでいくものですが、それを少しでも防いだり遅らせたりするためには、歯の着色の原因を知っておく必要があります。

特に、ホワイトニング中の人はこれらのものを控えることで、より早く効果が表れます。

そこで今回は、具体的にどんな物が着色の原因となるのかを紹介します。

あなたの知らない意外な物が、実は着色の原因となってしまっているかもしれませんよ。

 

 

着色の原因となる食べ物

基本的には色の濃い食べ物は、歯の着色の原因となってしまいます。

一見意外な食べ物の中にも、“タンニン”や“ポリフェノール”などの着色汚れ(ステイン)になりやすい物質が含まれていることがあるので注意してください。

具体的には以下のような食べ物です。

カレー

チョコレート

醤油

ケチャップ

ソース

大豆製品

緑黄色野菜

バナナ、りんご、柿など

ぶどう、ブルーベリー、プルーン、など

着色の原因となる飲み物

飲み物も基本的には食べ物と同じで、色の濃い飲み物は歯の着色(ステイン)の原因となってしまいます。

具体的には以下のような飲み物です。

赤ワイン

コーヒー

お茶(緑茶、ウーロン茶、紅茶etc...)

ココア

コーラ

タバコ

タバコは本当にだめです・・・。

「百害あって一利なし」とはよく言ったもので、歯にとってもめちゃめちゃ悪影響ですよ。

喫煙所の壁なんかを見ると黄色く変色しているのがわかるように、あのヤニが私たちの歯にまとわり付いて歯を黄色く変色させてしまうんです。

さらに、ニコチンやタールの刺激は歯だけでなく歯茎も黒く変色させてしまうんです。

さらにさらに、タバコは歯周病の原因にもなってしまうんですよ。

タバコを吸う人は、タバコを吸わない人に比べて歯周病のリスクが10倍以上というデータもあるほどです。

歯を大切にするなら、タバコはマジでやめましょう。

着色汚れを予防する

タバコはさておき、上で紹介した食べ物や飲み物を一切摂らないっていうのは、さすがに無理な話ですよね。

なので、食べても飲んでもオッケーです!

その代わり、着色しやすいものを口にしたときはその後に歯磨きをしましょう。

コレだけで汚れのつき方はかなり違ってきます。

もしも歯磨きができない状況の場合は、水で口をゆすぐだけでもいいですよ。

また、飲み物が歯につかないようにストローを使うのも効果的です。

着色汚れを除去する

どんなに気を付けていても、着色を100%防ぐことは不可能です。

着色汚れは日々蓄積されていくので定期的なメンテナンスが必要になってきます。

メンテナンスには、主に自宅でできるものと歯医者でやってもらうもの、2つの方法があるので紹介します。

ホワイトニング歯磨き粉

家でできるメンテナンスといえばやはりコレです。

着色汚れを浮かす成分を含んだホワイトニング効果のある歯磨き粉でブラッシングすることにより、だいたいの着色汚れ(ステイン)は除去することが可能です。

ただし、ひとつ気をつけてもらいたいのが、

研磨剤の有無です。

研磨剤が配合された歯磨き粉はホワイトニング効果に優れていますが、歯の表面を傷つけてしまい、そこに汚れや着色物が入り込んで虫歯や黄ばみの原因となってしまいます。

市販の「ホワイトニング歯磨き粉」と謳っている商品には、だいたい研磨剤が入っているので注意が必要ですよ。

非常に種類は少なくなっていますが、研磨剤無配合でもホワイトニング効果に優れた歯磨き粉はあるので、絶対にそっちを選ぶようにしたいところです

研磨剤無配合のオススメの歯磨き粉についてはコチラの記事で紹介しています。

歯のクリーニング

着色汚れのみなら、ホワイトニング歯磨き粉を使ったブラッシングで十分効果があります。

なので、「毎日の丁寧なブラッシングが面倒だ」と感じる人にオススメです。

クリーニングなら一発で済んじゃいますからね。

しかし、クリーニングには着色汚れ(ステイン)を除去するだけではなく、歯石を取り除く効果もあるので定期的に行うことで虫歯の予防にもなるのでオススメですよ。

まとめ

着色汚れ(ステイン)の元となるものをそもそも口にしないことが一番の予防ですが、そんな方法は現実的ではありません。

どんな食べ物が着色の原因となるかを知り、食後に口をゆすぐだけでも効果があります。

もちろん1日1回でもいいのでホワイトニング歯磨き粉でブラッシングすれば、さらに着色汚れが付きにくく美しく白い歯が持続しますよ。