初心者が転売で儲ける方法と仕入れに便利な転売情報ブログを紹介

f:id:otokonobiyo:20180710215653j:plain

初心者でも気軽に始められる副業として人気の転売。中には、それを専業としている人までいますよ。

気軽に始められる一方で、価値が上がる商品を知らなければ話にならないという側面があります。ココが一番難しいポイントなんですが、「何の、どんな商品」が転売したときに利益が出せるか、親切に発売前に教えてくれるブログがあるんですよ。

今回は転売初心者のために転売で儲ける方法やおすすめの商材について解説します。

 

 

そもそも転売とは

どこかで安く買ってきたものをよそで高く売って利益を得ることです。まさに商売の基本中の基本と言えますね。

ブランド物の洋服や新作のiPhone、入手困難なお酒や人気アーティストのライブチケットなど、身の回りにある全てのものは転売の商品になり得ます。

犯罪じゃないの?

転売は基本的には犯罪ではありません。

基本的にと言ったのは、扱う商品次第では法に触れる可能性があるからです。
それでは、犯罪に触れる可能性のある商品とはどういったものでしょうか。

中古品の転売

営利目的で中古品を継続的に仕入れ、販売するには「古物商許可証」というものが必要になってきます。

例えば、「ぐるぐる倉庫」や「セカンドストリート」などのリサイクルショップのように、中古品を仕入れて転売することを考えているならば許可証が必要になってきます。

コレを持っていないと「古物営業法」という法律に引っかかる可能性がありますよ。この許可証は取得に難しい条件があるわけではなく、お金(19,000円)さえ払えば誰でも取得することができます。

ただし、実際にはほとんどの転売屋が「古物商許可証」を所持していないのが現実です。転売屋が多すぎて手がつけられないからか、営利目的かどうかの判断が難しいからか、はたまた転売屋も経済を回しているとして黙認されているのかどうか知りませんが、「古物営業法違反」で逮捕されたという事例はものすごく稀です。

以下で説明しますが、チケットの転売とお酒の転売は例外です。逮捕者も出ていますよ。

チケットの転売

チケットの転売そのものは違法ではありませんが、公共の場所で営利目的で行われる転売、いわゆる「ダフ行為」については、ほとんどの都道府県で迷惑防止条例に違反する行為となっています。

・2016年9月、「嵐」のコンサートチケットを転売したとして、香川県に住む25歳の女性が「古物営業法違反」の疑いで逮捕

・2017年5月、「EXILE」のコンサートチケットを転売目的で大量に購入したとして、東京都内在住の20代男性が「都迷惑行為防止条例違反」の疑いで逮捕

前者は「古物商許可証」を持っていないことでの逮捕、後者は大量のチケットを転売目的で購入したとして逮捕。東京都の条例では、転売目的でチケットを購入すること自体を禁止、買った時点で逮捕可能となっています。

では、「古物商許可証」を取得し、東京都以外の場所でチケットを購入し、その後の転売も「公共の場所」と考えられていないインターネット上で完結させればいいのでしょうか?

結論としては、やめておいたほうがいいです。

近年、音楽業界側がチケットの転売行為の撲滅を目指して動いており、転売屋経由で入手したチケットでは入場できなくするような対策が練られているため、購入者とのトラブルになりかねません。

世の中がチケット転売の根絶に動いている以上、東京都以外でも条例の改正が行われる可能性も少なくありません。

営利目的のチケット転売は、どんな方法であっても限りなく黒に近いグレーゾーンであり、賢い選択とは言えませんよ。

お酒の転売

プレミア焼酎って知ってますか?

具体的な名前で言うと「森伊蔵」「村尾」「魔王」などの焼酎で、その人気と入手の難しさから定価の何倍もの値段で取引されています。

例えば、「森伊蔵」は定価が2,808円なのに対し、現在オークションの平均落札価格は15,000円程度と約5倍の価格になっています。

1本売るだけで13,000円の利益が出るなんて凄いですね。コレと同様の現象が、日本酒やウイスキーの特定の商品で起こっています。

一見転売の商材として魅力的に思えますが、お酒の転売には注意が必要です。

それは、お酒を利益目的で仕入れ転売するには「酒類販売業免許」が必要だからです。

実際に、オークションなどで酒を販売し荒稼ぎしていた個人が「酒税法違反」で逮捕された例は、過去にかなりの数ありますよ。

もしも、お酒の転売で儲けようと思っているなら必ず免許の取得をやっておいたほうがいいです。

おすすめ商材と転売情報系ブログ

僕のおすすめの商材はファッション系やゲーム系です。

ファッション系で言うとナイキのスニーカーやsupremeの洋服、ゲーム系だとNintendo SwitchやPS4など、人気があって相場がプレミア価格へと上がりそうなものを予想して購入します。

それぞれのジャンルに詳しい人でなければ、転売する商品を選ぶのは難しそうなイメージですが、そんなことはありません。

以下で紹介する転売のプロたちが「何のどのアイテム」が儲かるかを教えてくれますよ。転売初心者は、とりあえずこの人たちのブログの言うことを聞いておけば、損をすることはほぼありません。

転売店長^^

ジャンルを問わず買えば儲かりそうなモノを紹介してくれます。転売情報系ブログでは一番有名でコメント欄も盛り上がっており、そこでもたまに有益な情報を得ることができます。(コメント欄でテキトーなことを言う人もいるので騙されないように注意)

転売ヤーの日記

ファッション系に優れた転売情報系ブログです。転売店長で紹介できていないモノでもこっちで紹介されていることは多いです。ファッション系は「転売店長^^」と「転売ヤーの日記」を押さえておけば問題ないです。

ウマウマ神

音楽系やゲーム、本などファッション系以外の幅広いジャンルの商品を紹介してくれるブログです。

どこで売るの?

ヤフオク』や『メルカリ』、『ラクマ』などあなたが好きな場所で販売しましょう。
上の3つの比較表を載せておくので参考にしてみてください。

f:id:otokonobiyo:20180711115621p:plain

税金って払わないといけないの?

あなたが副業で転売をするなら、年間の利益が20万円以下の場合は申告をする必要はないので、所得税を支払う必要もありません。

あなたが専業で転売をするなら、年間の利益が38万円以下の場合は所得税を支払う必要はありませんが、住民税については33万円を超えると発生してきます。なので、専業転売屋は年間の利益が33万円以下の場合は申告をする必要はないということになります。

収入とは利益のことなので、「売上-経費」となります。

この利益が20万円以下か33万円以下かという話です。つまり、経費が多く認められれば無駄な税金を払わなくていいということですね。なので、商品発送の際のレシート、クレジットカードの明細など、経費が証明できるものは必ず取っておく必要がありますよ。

まとめ

転売は元手が少なく、誰でも気軽に始められるという反面、本当に欲しいと思っている人が定価で購入することができないということが起こりがちです。だから転売は儲かるのですが

なので、ときに「転売ヤー」と揶揄され人から好かれるようなことはありません。

しかし、実店舗に行くことができない人が、「高くてもいいから」とネットで購入する機会を作っているのも転売屋なんです。

また、不動産屋や質屋などでは当たり前に、日常的に行われている行為であり、ルールさえ守ってさえいれば誰にも文句を言われる筋合いはありませんよ。

あなたもルールを守って楽しく転売しましょう!