IHとかマイコンって何?炊飯器の選び方とメーカーごとの特徴を解説!

f:id:otokonobiyo:20180816130819p:plain

日本人の主食「米」。

毎日食べるお米を美味しく食べたいと誰もが思うことでしょう。しかし、各メーカーからさまざまな炊飯器がラインナップされており、どれを選べばいいか迷ってしまうものです。

そこで今回は、炊飯器を選ぶにあたって大事なポイントと各メーカーの特徴を解説し、難しい炊飯器選びの手助けをします。

 

 

容量を決める

1~2人:~3.5合

3~4人:~5.5合

6人以上:~1升

大まかな容量の目安は家族の人数ごとに上のようになっています。

しかし、あくまでも目安なので「子供は食べ盛りか」、「男の子か女の子か」、「まとめ炊きをするか」など、あなたの家のライフスタイルに合わせて調整してくださいね。

ちなみに、『夜ごはん分+朝ごはん分+お弁当分』のようにまとめて炊いたほうが電気代の節約になりますよ。

もっと電気代を節約したい人は電力会社の乗り換えをしましょう!今の電気代と比べてどれだけ安くなるかが2分でわかるこのサイトがおすすめです。⇒電気代一括比較サービス

加熱方式を決める

炊飯器には加熱方式というものがあり、コレが炊き上がりや本体価格に大きく影響します。炊飯器を購入する上で一番大事なポイントといっても過言ではないでしょう。

加熱方式には大きく分けて以下の3種類があります。

マイコン

f:id:otokonobiyo:20180815165013p:plain

底にあるヒーターの熱で炊飯します。底から熱するため炊飯器の上と下で炊きムラができやすく、保温性能は低いのでまとめ炊きには向いていません。

1食で食べてしまうのであればあまり気にはならないでしょう。

数千円から購入でき、容量も少な目の商品が多いため一人暮らしや価格を抑えたい人向けです。

【こんな人におすすめ】

・とにかく安いのがいい

・まとめ炊きはしない

・ご飯は固めでもいい

IH

f:id:otokonobiyo:20180815165005p:plain

現在主流のIH炊飯器は、電磁力で釜自体を発熱させて炊飯します。

全方向から熱が発生するので、火力も高く炊きムラができにくく、圧力をかけないためお米に負荷がかからずふっくらと仕上がりやすいです。

保温性能が高いので、まとめ炊きにも向いています。

価格は安くはないが高すぎるわけでもないので、炊飯器を探している人はとりあえずこのタイプを買っておけば間違いないです。

【こんな人におすすめ】

・おいしいご飯が食べたい

・まとめ炊きしたい

・しゃっきり固めが好き

圧力IH

f:id:otokonobiyo:20180815164120p:plain

電磁力での発熱に加え圧力を高めることにより沸点を上昇させ、高火力で一気に炊きあげます。

米の芯まで火が通り、モッチリした炊きあがりになりますが、圧力をかけることでお米に負荷がかかり、変形したりつぶれてしまったりすることがあります。

圧力をかけないで炊くことも可能です。

保温性能に優れまとめ炊きにもおすすめで、ご飯が冷えてもモッチリ感が持続します。

最高級炊飯器のほとんどが圧力IHで、各メーカーもかなりの力を入れています。

【こんな人におすすめ】

・おいしいご飯が食べたい

・まとめ炊きしたい

・モチッと粘りがあるのが好き

メーカー別の特徴をチェック

各メーカーの独自技術や釜の種類などから自分に合った炊飯器メーカーを見つけましょう。ここが炊飯器選びで一番楽しいポイントですよ!!

象印

内釜に蓄熱性の高い南部鉄器を採用し、底はパリッと中はふっくらと炊きあがり、みんな大好き絶品のおこげごはんが炊けます。

かまど炊きの長所を炊飯器で再現するため、内釜に羽を付けた「羽釜」を搭載したモデルは有名です。

タイガー

有名な「土鍋釜」シリーズには、本物の土から作った「天然土かまど」を採用した高級機種から、土鍋コーティングによって本物の土鍋に近づかせた中級モデルまで価格に合わせ幅広くラインアップされています。

圧力を2段階で変える「可変W圧力」はお米一粒一粒をしっかり美味しく炊きあげます。

三菱電機

純度99.9%の本物の炭を削り出した「本炭釜」は高級炊飯器ブームの火付け役となりました。

超音波技術の採用や全国のお米の品種に合わせて炊きあげる「銘柄炊き」はそれぞれの個性を引き出し最高の美味しさに仕上げる機能となっています。

他のメーカーが圧力炊飯に力を入れる中、あえて圧力に手を出さないところにこだわりを感じます。また、本体のデザインもスタイリッシュでオシャレな印象です。

東芝

東芝の独自技術で内部を真空状態にすることで、お米の芯まで吸水させ美味しく仕上げるだけでなく、大粒でしっかりとした炊きあがりになります。

保温時も内部を真空にすることで、最大40時間という長時間保存を実現しており、まとめ炊きをする家庭には最適の機種です。

食感炊き分け機能は、火力制御によりその日の気分に合わせてさまざまな食感や味わいに炊き分けることができます。

パナソニック

圧力を変化させたり大火力で激しく沸騰させることにより、お米を躍らせる「おどり炊き」は、お米一粒一粒に均一に熱と水分を行き渡らせふっくら美味しく炊きあげます。

過熱水蒸気でお米をふっくらと炊きあげる「220℃IHスチーム」や羽釜とかまどの良いとこ取りをした「ダイヤモンド竈釜」をはじめ、お米に合わせて自動で炊き方を調整する「鮮度センシング」など独自の技術力が光ります。

日立

圧力をかけながらスチームで蒸らす「スチーム炊き」はごはんをふっくら甘く、艶やかに炊きあげます。

「打込鉄釜」採用の高級モデル『おひつ御膳』は少量のお米でも美味しく炊きあげることができる人気モデルとなっています。

番外編

上で紹介した国内大手の有名メーカー以外のおすすめの炊飯器を2つ紹介します。

どちらも変わり種での機種で他にはない機能を搭載し、非常に魅力的な商品となっていますよ。

バルミューダ

高級トースターでお馴染みのバルミューダは炊飯器も販売しています。トースターと同じく洗練された美しいデザインと余計な機能を全て除いたシンプルイズベストな商品です。

蒸気の力で炊くことで、お米を傷付けずシャッキリサッパリと炊きあげます。ただ、とにかく美味しいご飯を食べることを追求した結果、保温機能までもが省かれているので注意してください。

バーミキュラ

ホーロー鍋で大人気のバーミキュラがその技術を結集させた新感覚の炊飯器です。鍋で炊くため、お米の旨みを最大限に引き出す能力は他のメーカーよりも頭一つ抜き出ています。

ホーロー鍋とIHが融合した「炊飯器」というよりは、「調理器具」といったイメージ。炊飯以外のさまざまな料理にも使わないと勿体無いです。専用のレシピブックまで付属しています。

ただ、バルミューダと同じく保温機能がないので注意が必要です。

まとめ

各メーカーからいろんな個性を持った商品がラインナップされており、全てに魅力的な技術が詰め込まれています。その中から、自分の家に合った炊飯器はどれなのか、悩みに悩んで吟味するときが炊飯器選びの一番の醍醐味です。

個人的には、保温機能は必須。モチモチで粘りがあるよりはシャッキリ固め派なので、三菱電機の炊飯器を愛用しています。デザインも最高にオシャレでおすすめですよ。

あなたがあなたにとって最高の炊飯器に出会えますように。