冷蔵庫の容量と選び方をわかりやすく解説!メーカー別の特徴まとめ!

f:id:otokonobiyo:20180802154530p:plain

「メーカーはどれがいい?」「容量はどのぐらい?」「扉の開き方はどうする?」

冷蔵庫を買うとき、各メーカー各機種から様々な機能がラインナップされていてめちゃくちゃ迷いませんか?また、容量や扉の開き方も様々でさらに消費者を悩ませます。

一度買ったら数年から十数年は買い換えることがないだけに、慎重に選びたいところですね。

今回は、そんな冷蔵庫の選び方のポイントと各メーカーの特徴をわかりやすく紹介していきます!

 

 

選び方のポイントと順番

冷蔵庫の選ぶ上で抑えておくべきポイントを順番に解説していきます。

この順番通りに条件を決めていけば、きっとあなたにピッタリの冷蔵庫が見つかるはずですよ!

1.家族の人数から容量を決める

最初に決めるべきは、冷蔵庫の容量ですね。これは本体のサイズにも直結するポイントなので1番目に決めてしまいましょう。

実は、家族の人数からその家庭に適した容量を簡単に計算することができるんですよ。

70L×家族の人数+100L(常備用)+70L(予備用)=容量

これがその計算式です。あくまでも目安ですが、常備用と予備用まで計算に含んでいるので、ある程度は余裕を持った使い方ができるでしょう。

「オイラ全く自炊しないよー」って人や「食材はめちゃめちゃ溜め込んでしまうタイプやねん」って人は自分のライフスタイルを考えて調整してくださいね。

また、冷蔵庫の寿命は平均10年程度と言われています。10年間は買い換えることがないと考えると、今の家族だけでなく将来的な家族の人数まで考慮する必要がありますね。予算とスペースが許すならば、余裕を持って大きい冷蔵庫を選ぶのをおすすめします。

計算が面倒な人のために、家族の人数別容量の目安を下に書き出しておきますね。

・一人暮らし:250L未満 ⇒一人暮らし用の安くてオシャレな冷蔵庫10選

・二人暮らし:250~349L

・三人家族:350~449L

・四~五人家族:450~599L⇒4~5人家族向けの冷蔵庫まとめ

・六人家族以上:600L以上⇒6人以上の大家族向けのおすすめ冷蔵庫4選

もう一つ、350L以下の小さな冷蔵庫は大きな冷蔵庫に比べ電気代が高い傾向にあります。「えっ?逆じゃないの?」と思う人もいますよね。大きな冷蔵庫は価格が高いですが、最新の省エネ機能が詰め込まれているため電気代が安いんです。

逆に小さな冷蔵庫は価格が安いですが、その分省エネ機能が搭載されていないため大きな冷蔵庫よりも電気代が高くなってしまうんです。

2.サイズを考える

我が家に合う容量が決まったら、次はサイズ(寸法)の確認をしましょう。

たとえ、同じ容量でも各メーカー、各機種によってサイズは違いますよ。サイズを選ぶときに気をつけるポイントは以下の4つです。

・設置したい場所に収まるサイズか(適度な隙間は空いているか)

・設置場所までの経路はどうか

・コンセントの位置はどうか

・使う人の身長に合っているか

コンセントの位置や使う人の身長については、毎日使うものなのでなるべくなら我が家にピッタリのものを選びたいところです。そんなに気にならないという人はそこまで神経質に考えなくてもいいでしょう。

しかし、そもそも設置したい場所に収まるサイズなのか、設置したい場所まで搬入できるサイズなのか。玄関、エレベーター、階段や廊下などの障害物をかわすことができるサイズなのか。これは必ず事前に確認しておかないと、いざ設置のときに「通りませんね」じゃバカバカしいですよ!

また、忘れずに確認しておきたいのが、適度な隙間が空いているかどうかです。冷蔵庫が壁や食器棚に挟まれて隙間が無い状態で収まっていると、放熱することができず機能が低下してしまう原因になってしまいます。

3.扉の開き方を決める

扉の開き方には大きく分けて4種類あります。

キッチンのスペースや設置場所によって、それぞれどの扉が適しているかが変わってきます。我が家はどれに当てはまっているかチェックしてください。

右開き

f:id:otokonobiyo:20180801213705p:plain

冷蔵庫の扉が向かって左から右に開きます。

設置場所の右側に壁がある場合はこのタイプを選べば冷蔵庫の扉が邪魔になりません。

ただし、本体の前に扉の横幅よりも大きい空間が必要になります。

左開き

f:id:otokonobiyo:20180801213804p:plain

冷蔵庫の扉が向かって右から左に開きます。

設置場所の左側に壁がある場合はこのタイプを選べば冷蔵庫の扉が邪魔になりません。

ただし、本体の前に扉の横幅よりも大きい空間が必要になります。

観音開き(フレンチドア)

f:id:otokonobiyo:20180801213814p:plain

一枚の扉が二つに分かれており、扉の開放に必要なスペースが半分で済むため、キッチンや通路が狭い家にも対応できます。

また、引越しや転勤により冷蔵庫の設置場所が変わっても対応できますよ。

さらに、ドアの開閉が最低限に抑えられることから冷気が逃げにくいというメリットもあります。

左右開き

f:id:otokonobiyo:20180801213824p:plain

冷蔵庫の扉が向かって右からでも左からでも開きます。壁がどちら側にあっても冷蔵庫の扉が邪魔にならず、国内ではシャープのみが採用しています。

また、引越しや転勤により冷蔵庫の設置場所が変わっても対応できますよ。

ただし、本体の前に扉の横幅よりも大きい空間が必要になります。

4.省エネ性能をチェック

家電を選ぶ上で大きな基準の一つとなるのが“電気代”ですよね。

近年、著しい進化を遂げた冷蔵庫は、機種ごとに省エネ性能が評価され一目でその性能が分かるような目印があります。それがこの省エネラベルです。

f:id:otokonobiyo:20180802001511j:plain

このラベルでは、省エネ基準達成率を星の数で表しており、星が5コに近いほど省エネ=電気代が安いということになります。年間消費電力量、1年間使用した場合の目安電気料金も記載されているので、冷蔵庫を購入するときには絶対にチェックするべきポイントですよ。

もっと電気代を節約したい人は電力会社の乗り換えをしましょう!今の電気代と比べてどれだけ安くなるかが2分でわかるこのサイトがおすすめです。⇒電気代一括比較サービス

5.メーカー別の特徴をチェック

いよいよどのメーカーの冷蔵庫にするか決めていくわけですが、その基準となるのが各メーカー独自の機能や特徴です。

メーカー毎に紹介していくので、あなたが欲しい機能を見つけてくださいね。

日立

【真空チルド】

チルド内を真空に保つことで食品の鮮度を守り、乾燥を防ぐ。魚や肉に対し特に大きな効果を発揮し、「真空チルド」内ではラップすら必要ない。

【新鮮スリーブ野菜室】

炭酸ガスの濃度を高めて眠らせるように保存し栄養素の減少を抑制。野菜室全体にフタをして、水分を閉じ込め乾燥を抑える。

【デリシャス冷凍】

センサーで温度を検知し自動で運転を切り替えることにより、食品を素早く冷凍。旨みと栄養を閉じ込めておいしく保存できる。

三菱

【朝どれ野菜室】

真空断熱材に囲むことによって、庫内温度を安定させムダな冷気を抑制。野菜室全体を保湿し鮮度が長持ちする。

【切れちゃう瞬冷凍】

-7℃で凍らせることにより、冷凍なのにサクッと切れる。解凍の必要がなく使いたい分だけ使うことができるので、調理の時短に繋がる。

【氷点下ストッカーD】

肉や魚をチルドや冷蔵室より低温の約-3~0℃で保存することで、凍らせずに鮮度を保つ。

東芝

【摘みたて野菜室】

水分を含んだ冷気を一日20回以上も自動で放出することにより湿度を約95%以上に保つ。野菜の乾燥を防ぎ鮮度とおいしさが長持ちする。

【速鮮チルド】

「速鮮チルド」の冷却スピードは、-4℃でギリギリ凍らせない大風量の冷気とアルミトレイの効果で従来チルドの約2.6倍。肉や魚の温度を素早く下げることで、鮮度が落ちるのを防ぐ。

パナソニック

【エコナビ】

センサーが運転状況を監視し、曜日や生活リズムに合わせ自動で節電してくれる超便利機能。

【ワンダフルオープン】

引き出しが100%全開できるため奥まで見えて使いやすい。耐久性にも優れ、簡単にケースだけを取り出し洗うこともできる

【微凍結パーシャル】

チルド内をー3℃に保ち肉や魚、調理済みの品を約1週間新鮮保存。チルドより鮮度が長持ちで冷凍よりおいしく保つ。

【ナノイー】

イオンを生成し除菌、脱臭することで庫内を清潔に保ちます。

シャープ

【メガフリーザー】

大容量の冷凍室は見やすく取り出しく設計され使い勝手が良い。3段構成の「メガフリーザー」に加え、上段冷凍室も搭載されており冷凍に特化している。

【ロック製氷】

お店のような大きくて溶けにくいロック氷をボタン一つで作れる。今までロック氷を買っていた人にとってはこの機能だけでも選ぶ価値アリ。

【プラズマクラスター】

イオンの力で冷蔵庫内全体を除菌。ニオイを抑制し常に清潔な空気が冷蔵庫内を循環する。

まとめ

各メーカーの独自技術はどれも魅力的なものばかりで、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。しかし、この迷っている時間こそ家電選びの醍醐味です。いっぱい悩んで楽しんでください。

個人的には、他社にはないチルド方式、「真空チルド」を搭載した日立がおすすめです。

あなたがあなたにとって最高の冷蔵庫に出会えますように。