ホワイトニングの種類とそれぞれの料金やメリット・デメリットを解説

f:id:otokonobiyo:20181006135513p:plain

歯のホワイトニングを始めようと決心した人は、だいたい「ホワイトニングしたいけどなんか種類がいくつかあるらしいしどれにすればええねん!」となります。

まぁ歯医者に行って聞くのが一番早いですけど、事前にある程度知識を入れておいたほうが話がスムーズに入ってくるでしょう。

この記事では、それぞれの特徴と価格、メリット、デメリットを考慮しどの方法がどんな人にオススメかを解説します。

 

 

オフィスホワイトニング

歯医者で行うホワイトニング法で、高濃度のホワイトニング剤を歯に塗布し漂白作用を促進するライトを当てることで歯を白くします。即効性が最大の特徴であり、その日のうちに効果を実感できます。

急速に歯を白くする効果がある反面、持続性には期待できず平均3ヶ月~6ヶ月の持続力です。

高濃度のホワイトニング剤を使用するため痛みを感じる人もいます。  

【価格】

20,000円〜50,000円  ※一回あたり

【メリット】

・即効性がある

・手間がかからない

【デメリット】

・価格が高い・効果が長持ちしない(平均3〜6ヶ月)

・痛みを伴うことがある

・歯医者に通うというめんどくささはある

【こんな人におすすめ】

・大事な日までに白くしたいが時間がない

・とりあえず歯医者に任せたい

・歯医者に行く時間は取れる

ホームホワイトニング

自宅で自分で行うホワイトニング法で、基本的に歯医者で作製したマウスピースに低濃度のホワイトニング剤を入れ、一回に数時間程度装着し歯を白くします。

早くて2〜3週間程度、遅くとも1ヶ月程度で効果を実感できます。

一応ホームホワイトニング用の市販のマウスピースというのもあります。歯医者で作製するよりもめちゃくちゃ安く済むんですが、僕はオススメしません。

オフィスホワイトニングとは対照的にゆっくりと時間をかけて歯を白くすることで、即効性はありませんが平均1~2年と持続性に富んでいます。  

【価格】

15,000円〜35,000円 

【メリット】

・価格が安い

・効果が長持ちする(平均1〜2年)

・自分のペースでできる

・歯医者に通わなくてもできる

【デメリット】

・即効性には劣る

・自分で行うため手間がかかる

【こんな人におすすめ】

・いつまでに白くしたい等の期限がない

・なるべく安く済ませたい

・歯医者に通う時間が取れない

デュアルホワイトニング

文字通りオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するホワイトニング法です。

オフィスホワイトニングの早く白くなるというメリットと、ホームホワイトニングの時間をかけて白くすることで長持ちするというメリットを掛け合わせた究極のホワイトニングです。

できることなら選択すべきはオフィスホワイトニング一択ですが、当然値段も二つを合わせたものになります。 

【価格】

50,000円〜80,000円 

【メリット】

・即効性がある

・効果が長持ちする(平均1〜2年) 

【デメリット】

・二つを併用するので当然価格が高くなる

【こんな人におすすめ】

・芸能人の様な白い歯が欲しい

・お金も時間もある

ホームホワイトニングを助けるアイテム

ついでに紹介しておくと、『ホワイトニング専用LEDライト』というアイテムはかなりオススメです。

このホームホワイトニング中にこのライトを当てるだけで、オフィスホワイトニングの状態に近づけることができます。

このLEDライトを併用した場合、併用しなかったときと比べるとその効果は6倍と言われています。

ホームホワイトニングの短所である即効性のなさをカバーできる有能なアイテムです。

価格も1,980円と高くはないのでかなりオススメですよ。

オフィスホワイトニングは、薬剤の塗布から機械の操作に少なからずスタッフの技量が影響します。

マウスピースに関してはホームホワイトニングの効果にかなり大きな影響を与えますし、薬剤の量や使用方法の説明などもかなり重要なポイントです。

私たちの周りにはたくさんの歯医者があって、その多くの歯医者でホワイトニングを取り扱っていますが、その技量は医院によって大きな差があるんです。

ホワイトニングの料金にもかなりの差があります。だから、前述しているように相場の幅がめちゃくちゃ広くなっているんです。

ホワイトニングで一番大事なのは歯医者選びです。

詳しくはコチラの記事で解説しているので、まだホワイトニングを始めていない人はもちろん、すでに始めてしまっている人も一度目を通してみてください。

まとめ

ホワイトニングと一口に言っても、方法は3つもありその特徴や値段は様々です。
決して安い金額ではないからこそ、自分のライフスタイルに合ったホワイトニング法を見つけることはとても大事だと言えます。