ホームホワイトニング中に寝てしまった!寝ながらやっちゃダメなの?

f:id:otokonobiyo:20181006115225j:plain

歯医者で「ホームホワイトニング寝てる間にしないでください」と言われた人の中には、

ヤバイ!うっかり寝ちゃった!

と焦ってしまう人もいるでしょう。

ホームホワイトニングってだいたい就寝前にやる人が多いと思いますが、寝ちゃうのもしょうがないと思います。

だって毎日仕事で疲れてるんだから。

夜のリラックスしてる時間にボーッと数時間待ってたらそりゃ眠くなるのも当たり前です。

そこで今回は、

そもそもホワイトニングって寝てる間にしちゃダメなの?

ホワイトニング中に寝ちゃったらどうなるの?

という疑問を解決していきたいと思います。

 

 

そもそもホームホワイトニングは就寝中の使用を前提としている

例えば、国内の多くの歯医者でも採用されている「オパールエッセンス」製のホワイトニングジェルは、そもそも就寝中の使用を目的として開発されています。

オパールエッセンスには濃度が4種類あるんですが、濃度ごとのメーカーの推奨時間は以下のようになっています。

・10%→6~8時間

・15%→4~6時間

・20%→2~4時間

・35%→30分

で、日本の歯医者では10%を取り扱っているところがかなり多いんです。

でも10%の推奨時間って『6~8時間』ですよ?

普通の生活している人なら、起きてるときにこんな長時間の装着は不可能と言ってもいいですよね。

しかし、先ほども言ったように、そもそもオパールエッセンスの10%は起きている間の使用を前提に作られていません。

そりゃそうですよね。そんな長時間つけていられませんもの。

「本来、就寝中の6~8時間に使用すべきはずが、日本では寝ながらやってはいけないと認識されている」

なんでこんなことが起こっているんでしょうか?

歯医者ではこんな指示をされる

「起きている間に2時間使用してください」

こんな風に言われたことありませんか?

実は、僕が最初に行った歯医者で言われたんです。

でも、後からよく調べてから気がつきました。

「いやいや、10%で2時間とか短すぎだろww」って。

全ての歯医者がそうではないかもしれませんが、もしも知覚過敏が起きたりその他のクレームが来たりした時のために、安全策を取っているからこんなことになっているんですね。

6~8時間の使用を前提に作られた商品を、1日2時間の使用じゃそりゃ効果はでませんよ。だから「ホームホワイトニング効果なし」なんて言われるんです。

メーカーの推奨時間通りに正しく使っていれば効果は必ず表われます。

まぁ、肝心の歯医者さんが間違った使用方法を指示してくるからどうしようもないんですけどね。

歯医者さんのことを疑って、わざわざメーカー推奨時間を調べる人なんて少ないと思いますし。

寝ながらやっていいの?ダメなの?

結局どっちなの?って話ですが、結論は

寝ながらやるのがベストです。

すると、だいたい「もし寝ながら使って飲んじゃったりしたら?」って聞かれるんですけど、

大丈夫です。マウスピース着けてるんだからそんなダダ漏れしません。

ジェル自体もちゃんと粘性を高くしてマウスピースからの液漏れが少ないように開発されています。

あと、ちょっとぐらい液が漏れたってそんなことはメーカーも想定内です。そのぐらいで人体に良くない影響が表われるような商品は、はじめから世に出回らないか、出回ったとしても既に排除されています。

使い方をきちんと守ろう

ただし、推奨時間と量は必ず守るようにしましょう。

いくら寝ている間に使っても大丈夫だからといって、ルールを守らなければ痛い目をみますよ。

・推奨時間

・適度な量

この二つは必ず守ってくださいね。

例えば、35%を就寝中の8時間装着していたら翌朝から知覚過敏で地獄をみます。

ジェルを大量に入れすぎたら、マウスピースから溢れて歯茎が炎症する原因になります。

要は正しく使えば問題ないんです。

歯医者で10%しか売っていない!?

メーカーの推奨時間を考慮すると、就寝中の使用なら10%か15%。起きている時間の使用なら20%か35%を選択するのがベストですが、そもそも歯医者に10%のジェルしかないことは多いです。

これはどうしてかと言うと、高濃度のジェルは効果が出やすい代償として、刺激が強かったり知覚過敏が起きやすかったりするリスクもあるため、日本の薬事法では濃度10%までしか認可が下りないことになっているからです。

したがって、日本製ホワイトニングジェルにはそもそも濃度10%の商品しかありません。

海外製のジェルを取り扱っている歯医者でも、日本にならって10%の商品しか置いていないところが多いのが現状です。

個人輸入しよう

歯医者にないのなら個人輸入しちゃいましょう。

個人輸入と言うと難しく聞こえてしまいますが、とっても簡単です。

BUYMAという海外商品を多く取り扱っている通販サイトがあるんですが、ありがたいことにそこでオパールエッセンスを取り扱っているショップがいくつかあります。

現状ではここで購入するのが、ホワイトニングジェルを一番安く手に入れる方法ですね。

ちなみに、コチラのページから会員登録を済ませると特典で「1000円OFFクーポン」がもらえます。⇒【BUYMAに会員登録で1000円OFFクーポンGET】

高濃度も取り扱う歯医者がある

やっぱり「個人輸入は難しい」と感じる人や「個人輸入ってなんだか怖い」と思う人はいると思います。

実際、個人輸入で万が一の事故が起こったとしても“自己責任”となってしまうのは事実です。

そんなリスクを取りたくないって人は、はじめから高濃度のジェルを取り扱っている歯医者に行きましょう。

実は、10%から35%まで4種類のジェルを取り扱っている歯医者があるんです。

それがココ⇒歯のホワイトニングなら【ホワイトエッセンス】

ホワイトエッセンスは全国に170以上もの店舗を持っており、ホワイトニングにかなり特化した、言わばホワイトニングのプロです。

35%のジェルを取り扱っている歯医者はなかなかありませんよ。

高濃度となるとそれなりにリスクが付きものですからね。深い知識を持ったホワイトニングに精通したスタッフがいるからこそなせるサービスです。

ほとんどの歯医者が10%のジェルしか取り扱っていない現状を考えればそれがよくわかります。

詳しくはコチラの記事を見てください。

まとめ

歯医者でたとえ「寝ながら使用しないで下さい」と言われたとしても、『ホワイトニングはそもそも就寝中の使用を前提に作られている』ということを理解しておく必要があります。

だいたいの歯医者はリスクを恐れて『起きてる間の2時間』を指示してきますが、本当はそっちが間違いなんです。

なので、僕はメーカーの推奨時間と適度な量を守りさえすれば、歯医者になんと言われようと無視していいと思います。

もちろん“自己責任”という言葉は付いてきますけどね。

それが怖いのであれば大人しく「起きてるとき2時間」を守るか、はじめからホワイトニングに対する知識が深い歯医者に行くかしかありませんよ。