新車を通販で購入する時代はすぐそこ!値引き交渉不要で新車が安い

f:id:otokonobiyo:20180623171546p:plain

近年、日用品や服はもちろん、保険や家電までも通販で済ませてしまうのが当たり前となりました。実店舗を持たないネットショップのほうが、様々なコストを抑えられることは明白で、販売価格に関しては、ネット通販のほうが1枚も2枚も上手であることが現実です。

これから、店舗販売型の経営スタイルは、他のサービスを充実させなければ、さらに厳しい風にさらされ続けるでしょう。

そして、ついにこのネット通販の流れが、なんと新車の販売にも波及してきているのです。「新車を通販で買う人なんかいるの?」という疑問が聞こえてきそうですが、そんな人にこそ読んでもらいたい記事となっています。

海外ではすでに「新車は通販で買う」が浸透しつつある

アメリカでは、「客がディーラーに足を運ぶのは納車のときだけ」といった事例が急増しています。

その理由は、インターネットが普及した現在、その車に関する情報は全てネットから得ることができるからです。日本でもそれは例外ではなく、トヨタやニッサンなどメーカーのホームページを見れば、グレードや基本性能からオプションまで、ほぼ全ての情報を得ることができます。ご丁寧にグレード別の違いなど、メーカーのホームページよりも詳しく分りやすく解説しているサイトさえあるのです。

また、「試乗なんかする必要ない」という、メーカーに対する高い信頼があるからです。慎重な日本人は、現物を見て乗り心地を確かめ「車内の広さはどうだ、加速はどうだ」と吟味しますが、逆に言うと試乗だけでいいんです。営業マンとのやり取りをする必要のない時代が来ているんです。

中国の地方都市では、約6割、半分以上もの人が通販で車を購入しています。中国という広い国土を持った国の話だと思いますか?私はそうは思いません。

日本でも近くにカーディーラーのない地方は数多く存在します。例えば、僕だったら片道数時間もかけてディーラーに何度も足を運ぶのは考えただけで億劫になります。「自分で行けないから通販で買う」というネット通販の本質に立った使い方ではないでしょうか。

通販のメリット

マイカーリースなどを展開するコスモ石油のスマートビークルは、ネットでの新車販売サービスも行っています。このコスモ石油の新車販売サービスがかなり魅力的なので、これを例に新車を通販で購入するメリットについて紹介します。

ちなみに僕はコスモ石油の回し者でもなんでもありません(笑)。新車購入を検討している人の選択肢の一つとなればと、また、日本の自動車産業の発展を願って書き綴ります。

値引き交渉の必要がない

「値引き交渉も車の醍醐味」という人もいますが、そういう人ばかりではないですよね?中には営業マンとの駆け引きが苦手で、値引き交渉する自信がない人や初めから交渉自体したくない人もいるでしょう。

じゃあ、その人たちは他の人たちより多くのお金を出して購入しなければならないのでしょうか?そんなのおかしいですよね。しかし、現実は交渉上手な人が得をし、交渉下手な人は損をするようになっています。

ディーラーで新車を安く購入するためにはいろんなテクニックがあります。

・「あのメーカーのあの車と迷っています」と他社のライバル車と競合させる

・何度も足を運び、真剣に悩んでいることをアピール

・「あっちの店舗のほうが安くしてくれましたよ」と同じメーカーの他の店舗でも競合させる

・3月や9月の決算月を狙う

・「〇万円にしてくれたら今決めます」と最後の一押し

・最後の最後にガソリン満タンやオプションのサービスを忘れるな

めんどくせぇーーーー!

車一つ買うのに何日かかるんだよって。でもこれをすることによって、数万円、大きくて十万円単位で価格が変わってくるんですよ。

なんかここまで幅が大きいと「交渉得意人のせいで損したお金を交渉苦手人のおかげで補完できる」みたいな考えがディーラーにはあるのかなぁなんて考えちゃうんですよね。きっとそんなことはないんでしょうけど真相は闇の中です。

と、少し話が逸れちゃいましたが、僕が言いたいのは「スマートビークルなら最初から値引き額決まっとるで」ってことです。値引き額は「クーポン」という名で全ての車種に付いており、値引きじゃなく同額分のギフトカードにすることもできます。まぁ値引きを選ぶ人が多いとは思いますが。

「具体的にいくら値引きやねん?」と気になりますよね?今から検証していきますよ。

ディーラーvsスマートビークル

今回は「トヨタ アクア グレードS オプションなし」を例に両者を比較していきたいと思います。

まずは、ディーラーで見積もりを取ってきたのでご覧ください。

f:id:otokonobiyo:20180625013936j:plain

この価格から、長い長い交渉の戦いがスタートするわけです。

ところで、新車の総額を抑えるためには、値引きはもちろんですが、いかにオプションを付けないかが重要なんです。当たり前ですが・・・

ディーラーからオプションなしで購入し、カー用品店や整備業者に持ち込んで付けてもらうのが最善ですね。ナビなんかネットを見ればディーラーの半額に近い価格で販売されていますし、マットなんかも専用の商品がちゃんとあります。オプションを付ければ付ける程ディーラーは得をし、あなたは損します。

しかし、オプションを付けないと全然値引きしてくれないんですよ!

なんという巧妙な策略。張り巡らされた罠。

新車購入の総額を抑えたいからオプションを付けないのに、オプションを付けないと値引きしてくれないという現実。なので、全然期待できませんが値引き額を聞いてきました。

「値引きは10万円です^^」

全然期待していませんでしたが、初回にしては意外と値引きしてくれました。

総額は、1,886,760円(車両本体)+143,037円(諸経費)-100,000円(値引き)=1,929,797円ぐらいですね。

続いて、コスモ石油スマートビークルです。

ドーーーン、はい200,000円値引きさせてもらいまーす。

「どんだけ力持っとんねんコスモ石油」

諸経費が別途95,910円かかってくるので、1,886,760円(車両本体)+95,910円(諸経費)-200,000円(値引き)=1,782,670円ですね。

めんどくさい値引き交渉は一切不要。オプションなしでも200,000円という十分な値引きが保証されています。(値引き額は車種により異なる)

もちろん色や純正オプション、希望ナンバーなども自由に選択することができますし、「ディーラーの高価なナビは必要ない!」という人には代わりに安価な製品も選ぶことができます。

f:id:otokonobiyo:20180625015623p:plain

スマートビークルの方が147,127円安いという結果になりました。ディーラーは諸経費も割高であることが判明しましたね。

ディーラーで購入する場合は、値引き額を247,127円に引き上げてやっとスマートビークルとトントンといったところです。でも実際は、それほどの値引きは厳しいんじゃないでしょうか・・・。

ガソリン割引

コスモ石油のガソリンが3年間リッター1円引きになります。給油価格の高騰が続く中、決して大きい額ではありませんが、うれしい特典ですね。

整備・点検

これはディーラーでの購入も同じなのでメリットとまでは言えませんが、車検やオイル交換、部品交換はコスモ石油サービスステーションで全て受けることができます。同じ内容ならディーラーより料金が安いことはたしかです。

もちろん、ディーラーで整備・点検を受けることも可能です。そこで買った車じゃないからといって車を診てくれないなんてことはないので安心してください。

全メーカー・全車種から選択可能

各メーカーの定番どころは一通りホームページに掲載されていますが、掲載されていない車種でも好きなお車を選ぶことができます。フリーダイヤルに電話一本で見積もりを作成してくれますよ。

参考までに、アクア以外の車種もこんな感じで掲載されています。

f:id:otokonobiyo:20180623203825p:plain

新車通販はこんな人におすすめ

・交渉が苦手で平均以上の値引きを引き出せる気がしない。そもそも交渉とかめんどくさい

・カーディラーまで行くのがめんどくさい、っていうか近くにない

・車の情報なんてネットで十分。試乗なんてしなくても乗ってれば慣れるっしょ

購入の流れ

1.希望の車を「カートに入れる」から申し込み。

2.担当者から連絡あり。車と内容のについて確認と相談。

3.契約内容の確定。その後代金の支払い。

4.必要書類への記入。その後コスモ石油の担当者が代行して手続き。

5.引渡し日時の打ち合わせの上、自宅に納車。

まとめ

今から20年前、インターネットが爆発的に普及し、こんなにもネットショッピングが日常に不可欠な存在になると誰が予想していたでしょうか。おそらくごく一部の人間だけでしょう。

服や靴を試着することなく通販で購入する今の流れを考えてみると、アメリカや中国のように、日本でも「車は通販で買う」が常識となる時代はそう遠くないのかもしれません。

現時点の日本でも、通販での購入でメリットを得られる人は少なくないと考えます。車を購入予定の人は、通販という新しい選択肢の一つとして検討してみても良いのではないでしょうか。