ホワイトニング用の市販のマウスピースって?作り方や値段を解説する

f:id:otokonobiyo:20181007114025p:plain

ホワイトニングをすることを決めたとき、誰もがなるべく安く済ませたいと考え、ネットで調べているうちに必ず出会うのが『市販のマウスピース』です。

その圧倒的な安さに、

「安っ!おれこれでいいわ」

と思った人に言いたいのは、「注意点もいっぱいあるよ」ってこと。

歯医者でマウスピースを作製してもらうか、市販のマウスピースを使うか悩んでいる人は、是非最後まで読んでください。

ここから先は一度目を通しておいて損はありませんよ。

 

 

市販のマウスピースとは

マウスピースを作るときは歯医者で型を取ってもらい、プロの手で作ってもらうのが一般的な方法です。

一方で通販サイト等で簡単に購入できる『市販のマウスピース』という商品が存在しています。

こういう商品です。

歯医者で作製すると上下で10,000〜15,000円するのに対し、市販のマウスピースは上下で800円前後と猛烈に安いです。

なんと1/10程の値段で済んでしまいます。

とても魅力的な商品に思えますが、市販のマウスピースには種類と注意点があるので解説していきます。

まず、市販のマウスピースには以下の2種類があります。

・型が決まっているタイプ

・自分で型を作るタイプ

それぞれどのような特徴があるのかを解説していきましょう。

型が決まっているタイプ

これは当然自分用に作られたものではないため、ぶっちゃけ全然期待できません。

ブカブカのマウスピースにたっぷりとホワイトニング剤を流し込めば、歯医者のそれと同等の効果を得られるかもしれませんが、正直賢い人がする選択とは言えません。

一度に余計なホワイトニングジェルを消費し、逆に出費がかさんでしまい本末転倒です。

自分で型を作るタイプ

マウスピース用の素材を熱湯で柔らかくし自分の歯に圧着して歯型を取ることにより、自分の口に合わせたマウスピースを作製するタイプです。

作り方を聞くだけだと簡単そうですが、これがとても難しいです。

詳細な説明書が付属されていないものが多く、作製に苦戦する人はかなり多いんですよ。

また、フィット感も残念ながら歯医者で作製したものには到底及ばず、型が決まっているタイプ程ではないにしても、こちらも余計なホワイトニングジェルの消費とムラの原因となってしまうことは否めません。

作製難易度が高いので失敗してもいいぐらいの気持ちで挑んで下さい。

自分で型を作るタイプの口コミ

一応参考までに、勇敢にもマウスピース作りに挑戦した勇者たちの口コミを載せておきます。

・90℃のお湯でも歯型が取れずライターで炙ったら出来ました。火傷の可能性もあるので自己責任で。

・歯に接着できない。ホワイトニング中に取れちゃう。

・取説はなく写真のものが送られて来ただけ。どうやって使うの?

・歯科医院で作ると高いし、何とかなるだろと思える人にはかなりオススメ。とても安いもん。

・上下でつけると口を閉じる事ができず、この状態で寝たらヨダレがたれる。

・コツをつかめば歯科医院に行くより安価で良いと思う。

・上手く型取れず、使いものにならなかった。歯医者で5000円でぴったりのものを作りました。

やっぱり歯医者で作るのが一番

まず第一に、歯科医院で作ったマウスピースに勝る市販の商品など存在しません。

プロが作ったマウスピースは自分の歯に完璧にフィットし、余計なホワイトニング剤を消費することはなくムラもできにくいです。

また、このフィット感はつけ心地にも大きく影響します。

歯科医院で作ったマウスピースはとても薄く装着時の違和感が少ないので、睡眠時にも違和感なくホワイトニングを実施でき、「口閉じれないよというようなことはまずないです。

ただし、残念ながらどこの歯医者でも完璧にマウスピースを作る技術があるかというと、そうではありません。

歯科医師や歯科衛生士の腕が少なからずマウスピースの出来に影響してしまうのが事実です。

だから、ホワイトニングをするときに“歯医者選びはめちゃめちゃ大事”なんです。

歯医者選びについてはコチラの記事でくわしく解説しているので、是非目を通しておいてください。

まとめ

市販のマウスピースの悪口みたいにになってしまいましたが、作製に成功すれば大幅なコストダウンになることは間違いありません。

「まぁ800円ぐらいだし」と割り切って購入できるのなら、一度チャレンジしてみるのも一つの手でしょう。