自動でモップがけをしてくれるお掃除ロボット「モッピー」ってなに?

f:id:otokonobiyo:20180819191412p:plain

アイロボット社の「ルンバ」をはじめ、今やお掃除の強い味方としてその存在を確立したお掃除ロボットには、掃除機タイプと少ないながらも拭き掃除タイプがあるのをご存知でしょうか?

今回は、数少ない拭き掃除ロボットの中から、フローリングを自動でモップがけしてくれるスリーアップ社の「モッピー」について紹介していこうと思います。

 

モッピーってこんなやつ

モッピーとは、ルンバなどの家中のゴミを吸引して回る掃除機タイプではなく、フローリングなどの滑らかな床のホコリや汚れを拭いて回ってくれる拭き掃除タイプのお掃除ロボットです。

水拭きと乾拭きをボタン1つで行ってくれる凄いやつなんです。

ルンバの拭き掃除版と思ってもらえるとわかりやすいですが、アイロボット社からルンバの拭き掃除版ってちゃんと出てるんですよね。「ブラーバ」っていう商品です。

しかし、「モッピー」には「ブラーバ」にも負けない魅力な長所があるんです!

めちゃめちゃ安い

ぶっちゃけ拭き掃除のお掃除ロボットっていえば「ブラーバ」なんですが、こいつまじ高いんですよ。 

ブラーバが35,000円程の価格に対し、モッピーは5,000円!

なんと7分の1で手に入っちゃいます。

ブラーバもモッピーも、ルンバのように自動で充電位置に帰る機能とかは付いていませんし、ルンバと違って壁や障害物にぶつかることだってあります。想像していた通りの動きをしてくれなくても、5,000円っていう価格を考えれば広い心で許せちゃうってもんです。

また、ブラーバは故障が多いという口コミも目立ちます。同じ故障にしても5,000円の商品と35,000円の商品では、故障によるストレスもだいぶ違いますよね。

ワックスがけもできる

これはルンバにはできない機能です。

水拭きと乾拭きに加えてワックスがけまでできるロボット掃除機は、僕が知る限りこのモッピーだけです。スゴイ!

そんなにしょっちゅうフローリングにワックスがけをするって人はあまりいないと思いますが、1年に1回でもするって人はモッピーを使えば作業がだいぶラクになりますよ。

本体が薄い

例えば、ブラーバの本体の厚みは8cmなのに対して、モッピーは5cmしかありません。これは、より狭いところまで入り込んで掃除をしてくれるということです。

3cmって「小せぇなぁ!誤差の範囲だろ!」と思うかもしれませんが、家具の隙間で考えたら意外と大きな差なんですよ。

モッピーのダメなところ

モッピーを推してきましたが、やはり安いだけあってブラーバにはない欠点もいくつかあります。まぁ価格を考えれば多めに見てあげられますよね?

音がうるさい

モッピーの作動中の音なんですが、お世辞にも静かとは言えないです。いや、どちらかというとうるさいです。

「ジョーッ」って感じの音でテレビを見ているときなんかは気になってしょうがないかも。就寝中もできれば作動させたくないですね。

それ以外のときに、例えば外出するときに作動させていけば音も気にならないし、帰宅したら床がきれいになっているというのが一番良い使い方じゃないでしょうか。

あまり頭がよくない

ブラーバにはルンバのようなセンサーが付いていません。なので壁や家具に衝突しちゃいます。衝突したあとに方向転換するような動き方ですね。

ブラーバも同様に障害物に衝突はしてしまうんですが、コチラはだいぶ優しい感じです。モッピーが「ドン」なのに対し、ブラーバは「コン」って感じ。

さすがに家や家具に傷やヘコミをつくる程の勢いではないですが、高価な家具を置いていたり神経質な人にはおすすめしません。

モッピーとブラーバの比較

最後にモッピーとルンバの比較表を載せておきます。総合的に判断して選んでみてくださいね。

f:id:otokonobiyo:20180820002055p:plain

まとめ

モッピーには欠点もありますが、5,000円という価格を考えればこんなものでしょう。これでブラーバと同じ性能を求めるほうが酷というものです。

拭き掃除用のお掃除ロボットを試しに使ってみたい人やワックスがけをしてくれるロボットを探している人には十分おすすめできますよ。