子育て中のママに喜ばれる「パパがしてあげられること」7選!

f:id:otokonobiyo:20180708165000j:plain

全国のママさんパパさんこんにちは。いつも子育てご苦労様です。

僕にも現在1歳になる娘がいますが、子育てってとても幸せなことでとても大変なことですよね。

特にママの負担というのは計り知れない程大きいものだと思います。パパも毎日仕事を頑張っているかもしれませんが、ママは365日24時間ずーっと家事・育児に追われているんです。

「家事・育児は女性がするもの」という時代はとっくに終わっていて、現在では男性も積極的に関わっていくことがかなり増えていますよね。実際に、僕も休みなしで育児に奮闘するママの負担を少しでも減らすために、喜んでもらうため積極的に家事・育児に参加しています。

そこで、今回はこれをしてあげたらママがめっちゃ喜ぶよ!ってやつを紹介するので、パパはコレを読んで是非実践してください!

※「“してあげる”、“手伝う”という表現を使っている時点で、対等ではない。育児・家事は女性がするものと思っている」とママたちに指摘されそうですが、少しでもママにラクをさせてあげたい一心でこの記事を書きます。どうか大きい心で見守ってください。

 

 

子供を風呂に入れる

育児におけるパパの代表的な仕事の一つです。お風呂は意外と重労働なので、コレぐらいはやらないとパパ失格ですよ。

パパが子供をお風呂に入れている間にママは他の家事を済ませておくことができるし、ママ一人でゆっくりお風呂に入ることができますよ。お風呂ぐらい時間を気にせずリラックスして入ってもらいたいですよね。

また、日中は仕事で家を空けているパパにとって、子供とコミュニケーションを取る貴重な時間です。きっと子供もパパとのお風呂を楽しみにしていますよ。

仕事で帰りが遅い人は休みの日だけでも入れてあげましょう。

最後に、お風呂に入れるというのは「服を脱がせる→洗ってあげる→お風呂に浸かる→体を拭いてあげる→パジャマを着せる」という工程全てをこなしてこそです。よく体を洗って風呂に浸かっただけで、「おれが風呂に入れた」と思っているパパがいますが、それでは40点ですね。

子供のお風呂で特に大変なのはお風呂に入った後、「体を拭いてパジャマを着せるのはママに任せた」なんてことではママは喜んでくれませんよ。

オムツを替える

こんなの僕がわざわざ言うことでもないでしょうが、オムツはパパが積極的に替えてあげましょうね。わざわざここに書くのも躊躇するぐらい最低限の仕事です。ほとんどのパパはやってますよね?

やってないとかヤバイですよ・・・?

たまに「ウンチのときは替えない」とか言ってるパパがいますが、なに言ってんだコイツと思っちゃいます。そういう人たちは、ママが別の家事をしているときも子供がウンチだったら「ママ!ウンチしてるから替えて!」ってママを呼ぶんですよね?

ありえないです。

ママとパパ2人の子供です。「おれはアレはしない」なんてことがあるのはおかしいはずです。今までオムツを替えてなかった人は今日から替えてあげましょうね。

子供と遊んであげる

子供って一緒に遊んでるとき「コイツ体力無限にあるんじゃねえか?」ってぐらい遊びまくりません?

パパですら、もうきついって思うことがあるんですから、ママはもっときついはずです。休日にはパパが公園に連れて行ってあげましょうね。

「ちょっと2人で公園行ってくるわ」とママに一人の時間を作ってあげましょう。それが少しの時間でも、ママにとってはリフレッシュになり喜んでくれます。

また、普段家にいることが少ないパパに遊んでもらえて子供も大喜びですよ。パパにしかできないような遊びもあるはずです。休日のパパは忙しいですよ!

寝かしつける

子供の寝かしつけは完全にママに任せていませんか?たしかに、子供の成長次第ではおっぱいがないと寝てくれないという状況もあります。そういう家庭は、子供がおっぱいから離れたらすぐにママとバトンタッチですよ。

寝かしつけている最中は、その他の家事は完全にストップしてしまいます。子供が何分で寝てくれるかもわからない中、残った家事を想像するとイライラしてしまうのも無理ないです。

そして、焦っていたりイライラしている時ほど何故か子供って寝てくれないんですよ。で、中々寝てくれないことにまたイライラする。まさに負のスパイラル。

もし、どうしても寝かしつけるのだけはできないというパパがいるなら、「ママが子供を寝かしつけている間に残りの家事は全て終わらせておく」ぐらいしてやっと同等じゃないでしょうか。

ママが子供を寝かしつけている間に、パパはテレビ見ながらビール飲んで枝豆食ってるなんてこと続けてたらいつかブチ切れられますよ!

昼寝させてあげる

子育て中のママというのは、常に寝不足気味です。赤ちゃんの夜泣きにも文句一つ言わず、もしくはささやかな文句を言いつつ対応していますよね。「パパは明日も仕事だから」となるべく静かに忍者のように子供をあやすママには本当に感謝しています。

だからこそ、たまにはママにもゆっくり睡眠を取ってもらう時間を作ってあげましょう。パパが休みで家にいるときはパパが子供をみてあげましょう。ママにもいっときの休息を与えてあげないとオーバーヒートしちゃいますよ。

子供の機嫌がいいときは「ママちょっと昼寝したら?」と一言いってあげましょうね。それが、30分でも1時間でもママはとっても喜んでくれます。もしくはパパと子供も一緒に昼寝するのもいいですね。

料理

料理に関してはママが作っている家庭が多いでしょうが、毎日おいしい料理を振舞ってくれるママのために、休日の一食でもいいから代わりに作ってあげてみてはどうでしょうか。パパが作っている間は、ママには子供と一緒にテレビでも見ていてもらいましょうよ。きっと喜んでくれますよ。

ただし、気合を入れて料理に臨むのはいいですが、馬鹿みたいに高い食材を買ってきたりとか「絶対今日しか使わねぇだろ!」みたいな調味料を買ってきたりするのは避けましょう。「少しでも安いところで」と毎日気を遣ってるママの気持ちを考えましょう。

なるべく冷蔵庫の中の食材を使うとか、安いスーパーと食材をママに教えてもらうとすごく喜んでもらえますよ。

また、料理は作って食べたら終わりではありません。ちゃんと片付けまでしましょうね。せっかく料理で喜んでもらったのに、皿洗いはママにやらせるなんて最高に残念ですよ。

もしどうしても料理だけはできないという人も、みそ汁ぐらいできるようになる努力をしましょう。たとえ一品でもパパが手伝うことによってママの負担は軽減します。今の時代は男だって料理するんだぞという姿を子供に見せることだってできますよ。

ゴミ出し

コレに関しては「もうやってるよ。ヘヘン」と言うパパも多いかと思います。関心ですね。

一応確認しておきますが、ちゃんと全てのゴミ箱からゴミを集め、ゴミ袋の口を縛って、新しいゴミ袋をセットして、その後で捨てに行ってますよね?

お風呂も料理もそうですけど、やるんだったら最初から最後までやらないと意味がありません。だいたいなんでもそうですが前後が一番めんどくさいんです。

玄関に置いてあるゴミ袋を仕事に行くついでに持って行くぐらいで「ゴミ出しをした」気になっていませんか?ギクリとした人は「明日からゴミ集めるのもおれがするよ」って言ってあげましょう。

朝からそんな時間がない人は前の日の夜に済ませておくのもおすすめです。めちゃくちゃ喜んでくれますよ!

まとめ

7つの喜んでもらえることを紹介しましたが、結局一番大事なのは「手伝ってあげたい」っていう気持ちです。全部を完璧にこなす必要はありません。一緒に頑張ればいいんです。

一緒にやってくれる、その気持ちだけでママは感謝してくれるもんです。

あと、手伝ったからと言ってドヤ顔して威張っちゃだめですよ!ママはそれを毎日してるんですから!

この7つを手伝ってはじめてママの大変さがわかるでしょう。そしたら、ご飯1食でも「作ってくれてありがとう」と心の底から感謝することができますよ。

 

育児をする上でめちゃめちゃ便利なアイテムを紹介してるので、こっちも参考にしてみて下さい↓