ついに日本でも液体ミルクの製造が解禁に!国内販売はいつから?

f:id:otokonobiyo:20180810113114p:plain

外出時や災害時の強い味方で、育児軽減にも大きな効果を発揮する液体ミルク。その便利さから海外では当たり前のように普及していますが、なぜか日本国内では流通していません。

しかし、ついに日本でも液体ミルクに関する法整備が進み、2018年8月8日から国内メーカーの製品開発が始まりそうです。

 

 

液体ミルクとは?

液体ミルクとは、ペットボトルや紙パックに入った調乳済みの新生児や乳幼児用のミルクです。

粉ミルクと違ってお湯を入れて人肌まで冷ますという工程が省略でき、熱消毒などによる哺乳瓶の衛星状態を気にする必要もありません。封を開けて吸い口を付ければすぐに飲むことができます。

この便利さから次のようなメリットがあります。

災害時の備えになる

災害時、粉ミルクの調乳に必要なお湯が沸かせない状態であったり、そもそも水すらも手に入らない状況というのは珍しい事ではありません。母乳が出なくて粉ミルクで授乳している人など、災害時にミルクを与えることができなくなることは赤ちゃんの命に関わります。

調乳の必要がなく常温で保存できる液体ミルクは、赤ちゃんのいる家庭では必ず常備しておきたい防災グッズです。

やっと液体ミルクの販売に向かって動き出していますが、災害大国の日本で今まで普及してこなかったのが不思議なくらいです。

お出かけのときに便利

オムツにお尻拭き、着替えなど赤ちゃんを連れてのお出かけは何かと荷物が増えてしまうものです。ただでさえ荷物が多いのに、これに粉ミルクや哺乳瓶、お湯を入れた魔法瓶などが加わります。

一方、ミルクと吸い口だけ持っていけばすぐに授乳できる液体ミルクは、荷物を少なくするだけではなく外出先での親御さんの負担の軽減にもなりますよ。

育児の負担軽減になる

「お湯を沸かし粉ミルクを入れ、人肌に冷ましてやっとミルクを飲ませる」

飲ませるまでの時間がどれだけ長く感じるか育児を経験したことがある人ならわかりますよね。また飲ませた後は哺乳瓶の洗浄・消毒と一回の授乳にかかる手間がかかりすぎます。

おなかが減って泣き叫ぶ赤ちゃんに1秒でも早くあげたい。あげたいのになかなかミルクが冷めないというストレスは相当なものです。特にそれが夜中だとそのストレスは倍増します。

「ちょっと今は粉ミルク作るのきついな」と思ったら、液体ミルクですぐに授乳できるという選択肢が増えることは大きな負担軽減につながりますよね。

液体ミルクには到底かないませんが、粉ミルクを計る作業時間を大幅に軽減できるキューブ型のミルクもあります。哺乳瓶にキューブを入れてお湯を入れるだけなので粉ミルクよりも素早く授乳できておすすめですよ。

液体ミルクの製造が解禁

海外では一般的に普及していますが、日本では液体ミルクの製造や販売に関する基準がなかったため、メーカーも製造すらできず、国内に流通していませんでした。

しかし、ついに2018年8月8日に厚生労働省が製品の規格基準を定めた改正省令を公布、施行しました。これを受け、国内メーカーは液体ミルクの製造に乗り出し販売することで日本でも広く普及していくことが予想されます。

なぜ今まで販売されていなかったのか?

こんなにも便利で、災害時の強い味方になってくれる液体ミルクがなぜ今まで販売されなかったのでしょうか?

それは、赤ちゃん用の粉ミルクは国が定めた基準に従って製造されていますが、液体ミルクにはそういった基準そのものがなかったからなのです。つまり、法的に製造・販売ができない状態だったのです。

しかし、液体ミルクは東日本大震災で注目を集め、熊本地震のときには国外から緊急輸入され被災地で大活躍しています。著名人が液体ミルクの必要性をメディアで発信したり、『液体ミルクについて考える会』が設立されたりしたことで国が動き出し、ついに2018年8月に解禁となりました。

販売はいつから?

各メーカーが今から商品の開発を進め、実際に市場販売するには最低でも1年以上はかかるという見通しとなっています。

なので、液体ミルクの国内販売は最短でも2019年8月以降となりそうです。

しかし、この間にも少子化は進み、災害はいつまた日本を襲ってくるのかわからないのです。各メーカーには早急に商品開発を進めていただき、一刻も早い流通を望みます。

価格はどうなる?

海外の液体ミルクが普及している国では、1本100~150円程度という相場です。粉ミルクに比べると割高ですが、普段は母乳や粉ミルクを使い深夜やお出かけとき、また災害時の備えとして使う分にはそこまで家計を圧迫することはないでしょう。

国内での販売価格がどうなるか今のところは全く不明ですが、高くても海外と同じ水準。できれば1本あたり100円を切れるようにメーカーさんには頑張って頂きたいですね。

そうすれば育児負担は軽減され、少子化の改善や父親の育児参加にも良い影響を及ぼすのではないでしょうか。

液体ミルクをいま買うには?

液体ミルクの国内販売は最短でも2019年8月以降と前述しましたが、地震や大雨と毎年のように大きな災害に見舞われる日本に住みながら、赤ちゃん用の備蓄がないことは不安ですよね。

「いつ起こるかわからないのが災害」です。今すぐに災害用の備えとして液体ミルクを購入しておきたい人は通販で購入することが可能です。輸入品なので1本あたり約370円と高いですが、命はお金に代えられません。国内販売されるまでは、万が一のお守り代わりに買っておくことをおすすめします。

残念ながらamazonでは取扱いがありませんでした。 

まとめ

やはり赤ちゃんにはドイツ製やアメリカ製の液体ミルクよりも、日本製のものを飲ませてあげたいですよね。しかも、割高な輸入品を通販サイトでしか買えないのは少々ハードルが高いです。

災害大国日本で一日でも早く、液体ミルクが流通するのを切実に願います。