派遣介護士で年収400万越え!夜勤専従と日勤のWワークで稼ぐ!

f:id:otokonobiyo:20180909094807j:plain

介護士って人の人生に関わる、それも最期が近い人に深く携わる凄い仕事ですよね。

業務内容はかなり大変で誰にでもできる仕事じゃないのに、悲しいほどに給料が低いです。

しかし、介護士でも働き方次第では年収400万円以上を稼ぐ事だってできるんです。月収で34万円以上ですよ。これだけ稼げればもう低収入なんて言えないですよね。

この記事では、介護士が年収400万円以上を稼ぐための具体的な働き方を紹介します。

もちろん、資格をめちゃくちゃ取る!とか長い期間同じところに勤める!というような戦法ではないので安心してください。

派遣介護士は効率がいい

まず前提として、介護士の給料を時給で換算したときに一番効率が良いのは派遣介護士です。

例えば、パートの時給の相場が1,000円前後なのに対し派遣は1,500円前後と数百円もの差がついてしまっています。時給の数百円差ってめちゃくちゃでかいですよね。

サービス残業がつきものの正社員と比べても、時給と効率で言えば圧倒的にサービス残業0の派遣介護士に軍配が上がります。

介護士が年収400万円を稼ぐには、派遣介護士という働き方が重要なポイントになってきますよ。

夜勤専従はさらに効率がいい

派遣介護士が一番効率の良いことはわかりましたが、同じ派遣介護士でも“夜勤専従”はさらに数段効率が良い働き方と言えます。

夜勤専従とは、文字どおり夜勤のみに従事する働き方ですが、これの日給ってもの凄く良いんですよ。どこの施設も出産や子育てなどで夜勤ができない介護士が増えており、少々高い給料を払ってでも夜勤専従を採用している施設はたくさんあります。

どれくらい日給が良いのかというと、その相場は20,000円~30,000円となっています。

一回の夜勤でですよ?

仮に日給を25,000円とすると、月10回出勤しただけで月給25万円ですからね。明けも実質休みみたいなものなので、残りの20日は休みという驚異的な効率の良さですね。

夜勤専従と日勤のWワーク

夜勤専従は休みが20日もあるので、その休みの中でまだ仕事ができそうですよね。

そうです。年収400万円以上を稼ぐ働き方とは、夜勤専従と日勤のWワークなんです。

夜勤専従の派遣介護士は、基本的に「夜勤→明け→休み」のサイクルで仕事をしており、カレンダーで表すと以下のような感じです。

f:id:otokonobiyo:20180828164949p:plain

こうやってカレンダーに表してみると、改めて休みの多さがわかりますね。この休みに何日か日勤帯の派遣を入れるだけで、月収30万円は簡単に突破してしまいますよ。

日勤を少なめに入れてみた場合のカレンダーが以下になります。

f:id:otokonobiyo:20180828231319p:plain

少なめに6回だけ日勤を入れてみました。それでも1ヶ月の休みは明けも合わせると14回ということになります。

これだけ休めれば十分ですよね?

「夜勤の日給を27,000円、日勤の時給は1,500円で8時間勤務」としたときこのカレンダーの月収は、

(27,000円×11日)+(1,500円×8時間×6日)=369,000円(月収)

となります。

もちろん日勤の数を増やしたりもっと時給の高いところで働けば、もっと稼ぐことだって可能ですよ。

正社員より年収が良い!?

夜勤専従と日勤のWワークはあまりにも効率が良すぎて、ボーナスが貰える正社員よりも年収が高くなることがあります。

試しに、正社員と夜勤専従介護士の条件を決めてそれぞれの年収をシミュレーションしてみますね。

【正社員】

・基本給180,000円

・夜勤は月5回、夜勤手当は1回5,000円

・ボーナスは年2回、それぞれ基本給の2倍

 

[180,000円+(5回×5,000円)]×12=2,460,000円(月収)

(180,000円×2)×2回=720,000円

2,460,000円+720,000円=3180,000円(年収)

【夜勤専従と日勤のWワーク】

・夜勤の日給27,000円

・夜勤は平均して月10回勤務

・日勤の時給は1,500円

・日勤は月6日の8時間勤務

 

(27,000円×10日)+(1,500円×8時間×6日)=342,000円(月収)

342,000円×12ヶ月=4,104,000円(年収)

ちょっと衝撃的ですね。100万円以上という大差をつけてWワークが圧勝してしまいました。

もちろん、勤務年数や資格手当てにより正社員の基本給が上がる場合もありますが、逆に派遣の場合は勤務年数に関わらずこの高収入を叩き出すことができるんです。また、有資格者であれば派遣介護士も給料がアップする施設がほとんどですよ。

さらに言えば、単純計算で正社員は年間250日程出勤しなければいけないのに対して、夜勤専従と日勤のWワークは年間192日しか(上の条件で)出勤しなくていいんです。

プライベートな自分の時間も多く取ることができて正社員よりも高収入、この働き方がどれだけ効率的かわかってもらえたと思います。

年収400万円を達成するために大事なこと

あたりまえですが、派遣介護士で年収400万円を得るために最も大切なことは、給料がいい職場を見つけることです。

夜勤専従なら日給が高いところ、日勤なら100円でも時給が高いところを探し出さなくてはいけません。

しかし、日々求人情報が更新されていく介護業界で、求人情報誌や求人情報サイト、ハローワークなどで自分で好条件の職場を探し出すのには限界があります。膨大な数の案件全てに目を通すのは難しく、優良な求人を見落としてしまう可能性が高くなってしまいます。

そこで有効なのが、派遣介護士が絶対に利用すべきツール「介護士専門の転職支援サービス」です。

派遣介護士なら最低2つに登録するべき

「介護士専門の転職支援サービス」に登録しておくと、派遣介護士にとって必須の『高単価の求人探し』がかなり楽になります。これらのサービスでしか取り扱っていない非公開の求人もたくさんあるので、派遣介護士は絶対に登録を済ませておきましょう。

転職のプロである担当コンサルタントが求人を探してくれるため、好条件の求人を見逃すことがありません。あなたの負担の軽減にもなるでしょう。

また、派遣介護士である以上万が一のために最低でも2つ登録しておけば、派遣先が途切れることなく働くことができるでしょう。派遣介護士は派遣先がなければ収入0なので、1つよりも2つ、できれば3つ登録しておくと安心ですよ。

以下に僕がおすすめする高単価の案件を取り扱う転職支援サービスを紹介しておきます。

きらケア派遣

介護職の転職支援サービスの中でも、「派遣」だけに特化したサービスを行っている『きらケア派遣』の最大の魅力は、なんといっても国内最大級の高時給案件です。

対象エリアで仕事を探している人は絶対に登録しておくべきです!

【対象エリア】

東京・神奈川・埼玉・千葉・ 愛知・大阪・兵庫・福岡

スマイルSUPPORT介護

国内最大級の求人安件数を誇る 【スマイルSUPPORT介護】は、正社員はもちろんパートから派遣まで幅広い求人に対応しています。

特に有資格者や実務経験のある人はかなり有利に就活できますが、無資格で全くの未経験者の場合はあまりおすすめできません。

対応エリアは日本全国なので、とりあえず登録しておきたいサービスです。

かいご畑

対象エリアは27都道府県と幅広い地域の案件を取り扱っています。

働きながら無料で資格を取得させてくれるサービス「キャリアアップ応援制度」は無資格者や未経験者に優しい魅力的な制度となっています。

資格取得は、派遣介護士の時給を上げる他に、今後正社員に転向するようなときにも必ず有利に働くので持っておいて損はありません。

【対象エリア】

北海道、宮城県、新潟県、石川県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、広島県、岡山県、山口県、福岡県、佐賀県

かいご畑

まとめ

「低賃金」と言われる介護職ですが、働き方次第では高収入を得ることができます。

派遣介護士は給料が勤続年数と関係ないので、特に若い世代におすすめしたい働き方です。同年代の周りの友達よりも給料が高く休みも多いということはザラですよ。

「給料が安い」と嘆く前に、まずは転職支援サービスに登録することです。まずは好条件の案件を見るだけでもモチベーションが変わってきますよ。