給料が安くてツライ・・・。介護士の給料を手っ取り早く上げる方法!

f:id:otokonobiyo:20180831162728j:plain

「給料が安い」で有名な介護士ですが、その現状をしょうがないと思って諦めていませんか?

政府も介護士の処遇改善に向けて力を入れ始めましたが、それをただ待っているだけではダメです。

「こんなに大変な仕事をこなしているのに」、「相応の対価は貰っていいはずだ」と思うのなら、まずは諦めずに自らがアクションを起こしていくべきです。

今回は誰でもチャレンジできる介護士の給料を上げる方法について解説していきます!

本当に介護士の給料は低いのか?

『介護士の給料は低い』ということは、もはや“あたりまえ”のようにイメージとして定着してしまっているのが現実です。

しかし、本当に介護士の給料は安いのでしょうか?

残念ながら、マジで安いです。

2018年4月4日に厚生労働省が発表したデータによると、常勤介護職員の平均給与月額は29万7,450円であったとされています。意外にもそれほどまでに低い数字とは思えませんが、全産業の平均給与月額は40万8,000円となっており、なんと10万円以上も低いんです。

どちらも1年間で4倍のボーナスを貰うととしたら、単純計算で以下のような年収になります。

【介護職の平均】

(297,450円×12ヶ月)+(297,450円×4)=4,759,200円(年収)

【全産業の平均】

(408,000円×12ヶ月)+(408,000円×4)=6,528,000円(年収)

全産業と比較して月収で10万円以上、年収で170万円以上も給料が低いですね。さらに、これは全地域も全年齢で算出された値なので、地方の施設の若い職員などはもっともっと厳しい待遇となっているのが現実です。

「29万円も貰っていない!」という人はかなり多いんじゃないでしょうか。

今後介護士の給料は上がっていく

これでも介護士の給料は常に見直しが行われ、政府も処遇改善の政策に取り組んできました。その結果、近年介護職の給料は右肩上がりに上昇しています。

しかし、現場で働く介護士はこの恩恵を実感できていないのが現状です。政府の思惑とは裏腹に介護士人材の流入は年々減少し、「介護福祉士」を養成する大学や短大、専門学校は定員割れに苦しんでいる始末です。

そこで政府は、介護士の人材不足に歯止めをかけるために、2019年に予定されている消費増税分の使い道として、1000億円もの巨額の予算を投入し「勤続年数10年以上の介護福祉士に月額平均8万円相当の処遇改善を行う」こともすでに決定しています。

この政策が介護業界の人材不足に劇的な変化をもたらせるかはわかりませんが、これからの日本に必要不可欠な介護士を増やそうと、政府はかなり本気を出してきましたよ。

もしも2019年の政策で効果が現れなかったとしても、さらなる給料の引き上げが行われる可能性は高いでしょう。

手っ取り早く給料を上げる方法

しかし、この記事に辿り着いた人が知りたいのは、“勤続10年以上で給料アップ”や“介護士の将来の給料”なんてことじゃありませんよね。

それでは、現実的にあなたの給料を上げる方法を紹介していきます。

資格を取得して給料をアップ

堅実的で将来的にも必ず役に立つのが、資格を取得して給料アップを狙うことです。

例えば、「無資格者」に比べて「介護福祉士有資格者」の給料は平均で5万円近くも高いというデータが出ており、資格取得は勤続年数が長くなるほど給与面で有利に働くと言えます。

また、すでに介護福祉士の資格を持っている人も「社会福祉士」や「介護支援専門員」などの資格を取得することで、資格手当ての上乗せが期待できます。

両者とも難易度の高い資格ですが、給料アップだけでなくあなた自身の知識や技能の向上にも役立つので、是非チャレンジしてくださいね。

給料が高い施設へ転職する

そもそも今よりも給料が高い施設に転職するという方法はかなり有効な手段です。

今の職場で給料アップが期待できないのであれば、今の職場に見切りをつけてさっさと転職してしまいましょう。

「私が転職したら残った人たちが・・・」なんて心配する必要は全くありません!

あなたがいなくても仕事は回ります!

もしあなたがいなくなって本当に仕事が回らなくなるのであれば、それはあなたの責任じゃなくて管理職の責任です。たった1人が抜けただけで回らなくなるような職場にはそもそも未来はありません。

きっぱりと見切りをつけるべきでしょう。

転職を考えたら必ずすべきこと

今の職場からの転職を考えたとき、まず最初にしておくべきことがあります。

それは、介護職専門の転職支援サービスに登録することです。

介護士が転職するために絶対に利用するべきツールです。ハローワークはおすすめできません・・・。

転職支援サービスとは、ハローワークや求人情報誌には載っていない非公開求人も多数取り扱っており、転職のプロであるコンサルタントがあなたをサポートしてくれるというサービスですよ。

「勤務時間や給料、福利厚生」などあなたが提示した条件を基に、あなたに合った職場をコンサルタントが紹介してくれます。さらに、履歴書の添削や面接などのスケジュールも全て調整してくれて、なかなか気が乗らない交渉事もあなたに代わってしてくれます。

これらのサービスを完全に無料で受けることができます。少しでも良い条件の職場に就職するための近道ですね。

おすすめの転職支援サービス

僕が厳選した本当におすすめできる転職支援サービスを2つだけ紹介します。

試しに1つ登録してみるのもいいですし、もちろん2つとも登録しても問題ありません。片方にしかない求人案件もあるので、少しでも良い職場に転職したい人は2つとも登録しておくことをおすすめします。

かいご畑

働きながら無料で資格を取得させてくれるサービス「キャリアアップ応援制度」は無資格者や未経験者に優しい魅力的な制度となっています。

この記事で紹介した給料を上げる方法、『資格取得』と『給料が高い施設への転職』を同時に行うことができる凄まじいサービスですよ。

対象エリア内で職場を探している人は今すぐに登録してください。

【対象エリア】

北海道、宮城県、新潟県、石川県、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県、山梨県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、愛知県、岐阜県、静岡県、三重県、広島県、岡山県、山口県、福岡県、佐賀県

かいご畑

スマイルSUPPORT介護

国内最大級の求人安件数を誇る 【スマイルSUPPORT介護】は、正社員はもちろんパートから派遣まで幅広い求人に対応しています。

特に有資格者や実務経験のある人はかなり有利に就活できますが、無資格で全くの未経験者の場合はあまりおすすめできません。

対応エリアは日本全国なので、とりあえず登録しておきたいサービスです。

 

まとめ

他業種に比べて給料が安いと理解して、それでも介護職でやっていこうと思うのなら国の政策を待っているようではダメです。

「給料が安い」と文句を言い続ける暇があるなら自分からアクションを起こさなければいけませんよ!

まずはその第一歩として、あなたの働く地域の求人案件をチェックしてみてはどうでしょうか。