【2018年版】自宅でできる歯のホワイトニングの種類と効果を解説する

f:id:otokonobiyo:20181005181913p:plain

歯のホワイトニングを始めたいけど歯医者に行きたくない!

そもそも歯医者に行く時間がない!

はい、大丈夫です。

歯のホワイトニングは必ずしも歯医者に通わなければならないわけじゃありません。

歯医者でやるホワイトニングをオフィスホワイトニングと呼びますが、今回はそれ以外の自宅でできるホワイトニング法を3つ紹介します。

 

 

ホームホワイトニング

自宅でできるホワイトニングの中で、最も強力なのが「ホームホワイトニング」です。

この記事で紹介するホワイトニング法の中で、薬剤を使った“本当の意味でのホワイトニング”はこれだけです。

漂白作用のある“過酸化水素”という成分が入ったホワイトニングジェルをマウスピースに注入し、それを数時間装着することで効果を得るものですね。

妊婦や授乳中のママなど、過酸化水素を使用したホワイトニングができない人もいるので注意が必要ですよ。

ホワイトニング全般に関しては、コチラの記事でも詳しく紹介しています。

ただし、この方法だと最初の2回程は歯医者に行かなければいけません。

ホワイトニングができる状態であるかを診断してもらわなければいけませんし、歯型を取ってマウスピースを作製してもらわなければいけませんからね。

料金は15,000〜35,000円とかなりの開きがあるので、優良な歯医者を見つけることがとても重要ですよ。

早ければ2週間、遅くても1ヶ月程で効果を実感できます。

ホームホワイトニングができる環境にある人には、この方法を一番オススメします。

価格:★★☆☆☆

効果:★★★★★

早さ:★★★★☆

ホワイトニングジェル(ホワイトニング歯磨き粉)

歯磨き粉のように、ジェルを歯ブラシに付けてブラッシングして歯の着色を浮かすことで白くするという商品です。

一度も歯医者に行く必要はありませんよ。通販で全て済んでしまいます。

ホームホワイトニングとの違いは、「歯を漂白する」か「歯の着色を浮かす」かの違いですね。

歯が白くなるまでの早さはホームホワイトニングには全然及びませんが、体に有害な物質が全く配合されていない商品もあり、妊婦さんや無カタラーゼ症の人など“ホワイトニングができない人”でも安心して使えるのが特徴です。

また、ホームホワイトニングに比べ価格が安いです。

僕はプレミアムブラントゥースというホワイトニングジェルを白くした歯を保つためのアイテムとして愛用しています。

もちろんこの商品だけでも歯を白くすることは可能ですがちょっと根気が要ります。効果が表われるまでに3ヶ月はみておいたほうがいいです。

実際に90日間使用した結果を記事にしているのでコチラも参考にしてみてください。

価格:★★★☆☆

効果:★★★☆☆

早さ:★★☆☆☆

ビースマイルホワイトニング

こんな感じでジェルを歯につけたあと、LEDライト付きのマウスピースを咥えておくだけで歯を白くするという商品です。

この画像では2人とも手に持っていますが、実際は手を離していても使用できます。1回10分というお手軽さで最近かなり話題になっています。

この商品もホームホワイトニングのように「歯を漂白する」ものではなく、「歯の着色を浮かす」ことで歯を白くする商品です。

ホワイトニングジェルと同様に歯が白くなるまでの早さは期待できませんが、価格が安いので自宅でのホワイトニングにこだわる人なら十分選択肢に入りますね。

また、有害物質は一切入っていないので妊婦さんや無カタラーゼ症の人など“ホワイトニングができない人”でも安心して使えます。

価格:★★★★★

効果:★★☆☆☆

早さ:★★☆☆☆

まとめ

可能であるなら僕はホームホワイトニングを強くオススメします。

やはり他の2つとは比べ物にならないレベルで効果が表われますからね。

ホワイトニングジェルやビースマイルホワイトニングは、ホワイトニングができない人や白い歯を維持するためのアイテムとして使うのが理想的だと僕は考えています。

いずれにせよ、まずは始めることが大事です。

どの方法でもいいんです。あなたの生活スタイルに合う方法を見つけて素敵なホワイトニングライフを送りましょう。