【2018年版】歯の白さを保つ研磨剤なしのホワイトニング歯磨き粉3選

f:id:otokonobiyo:20180911222250p:plain

突然ですが、あなたは今、自分の歯の色に満足していますか?

おそらくこの記事を読んでいる人は、「歯の白さには満足している」という人が多いでしょう。そして、歯の白さに満足している人はその白い歯を少しでも長く維持したいと思うのが普通ですよね。

しかし、ワインやタバコ、カレーやお茶など人が口にするものの多くには着色の原因になる成分が含まれており、私たちの歯は常に黄ばみの危機に晒されているんです。

そこでこの記事では、着色を除去しあなたの輝く歯を維持するためのおすすめの歯磨き粉を紹介していきますよ。

巷にはたくさんの「歯を白くする」と謳った歯磨き粉が溢れており、僕もたくさんの歯磨き粉を使ってきましたが、研磨剤無配合で本当におすすめできる商品はたったの3つしかありませんでした!

 

過度な期待は禁物

今回紹介する商品(紹介している商品以外もそうですが)には、どれも「美白効果!」だとか「輝く歯に!」といった謳い文句が付いています。

あえて言わなくてもわかっている人が多いと思いますが、歯磨き粉だけで歯が白くなるとは思わないほうがいいですよ。

あくまでも日常の生活で蓄積される着色汚れを取り除いたり予防したりする効果しかないので、「輝く白い歯を維持する!」や「白い歯を取り戻す!」と言ったほうが正しいです。

要するに、その人が持つ元々の歯の色よりも白くする商品ではないので、「私も広告のモデルさんのように歯を白くしたい!」というノリで使い始めるとガッカリ感がすごいので気を付けてください。

単純に歯を白くしたい人は、ホワイトニングが最も効率が良く効果が絶大です。

詳しくはコチラの記事で解説しています。

歯磨き粉は研磨剤が入っていないものを

大抵の歯磨き粉には「研磨剤」が含まれています。

研磨剤には歯の着色を取り除く絶大な効果がありますが、その代わりに歯の表面を傷つけてしまうんです。そして、その傷に入り込んだ汚れが虫歯の原因となってしまったり着色物が入り込んで余計に黄ばんで見えたりしてしまいます。

歯の表面をやすりで磨いているようなものですから、そりゃそうなりますよね。

なので、僕は研磨剤が配合された歯磨き粉をおすすめしません。

研磨剤に頼らなくてもちゃんと着色を浮かせる歯磨き粉はあります。わざわざ自分の歯を傷つけるような真似はするものじゃありませんよね。

もちろんこれから紹介していく歯磨き粉には研磨剤が含まれていないので安心してください。

3位.アパガードプレミオ プレミアムタイプ

「ハイドロキシアパタイト」というとても歯に近い成分をめちゃめちゃ小さく配合することで、歯の表面に付いた傷に入り込み修復してくれます。

パテ埋めみたいな感じですね。

傷を埋めることで着色を防止したり虫歯を防ぐ効果に期待できますよ。あと歯の表面がツルツルになります!

他にも口臭予防や歯周病予防の成分が含まれているなど、至れり尽くせりですが値段は少々お高めです。

amazon価格:1,730円

2位.薬用シュミテクト トゥルーホワイト

知覚過敏の人やその予防を目的とした人から絶大な支持を受けるシュミテクトのホワイトニング版です。「やさしくホワイトニング」という商品には研磨剤が含まれているので注意!

ホワイトニング後の白さ維持にはもちろんのこと、ホワイトニング施術中は一時的な知覚過敏を発症する人もいるので、そういう人にもおすすめです。

なんといっても値段が安く、僕のかかりつけの歯科医師も推しています!

amazon価格:739円

1位.プレミアムブラントゥース

f:id:otokonobiyo:20180911225853j:plain

これだけは他の商品と一線を画しています。

もちろん通常のホワイトニングには敵わないのですが、「歯を白くしたい」という目的で購入してもいいぐらいに歯の着色を落としてくれます。白さを維持するという使い方が勿体ない程に効果を発揮してくれますよ。

本体はオシャレな小ぶりのプッシュタイプで持ち運びにも便利です。

また、自然由来の成分のみを使用しているため安全安心ですね。

購入はコチラのページから可能ですが、その前に、実際に90日間使用した結果を写真付きで紹介しているので、是非目を通してみてください。

まとめ

世の中には100を超える歯磨き粉が販売されていますが、本当に良い歯磨き粉はその中のほんの一部しかありません。

この記事で紹介した歯磨き粉は、ドラッグストアで100円台で売っているものに比べると値段は高いですが、高いものにはそれ相応の効果があるんです。

歯にこだわる人なら、美しい歯を維持したいのなら歯磨き粉にかけるお金を惜しんでいたらダメですよ!