クッソ面白い。おすすめのバスケ漫画ランキング!【昔から最新まで】

f:id:otokonobiyo:20180731015137j:plain

野球漫画やサッカー漫画のように作品数は多くないバスケ漫画ですが、「スラムダンク」をはじめ数々の名作が揃っていますよ。

そんなバスケ漫画を昔の作品から最新のものまで、マイナーなものからメジャーなものまでランキング形式で紹介します!

 

 

10位.ふぁいとの暁(全7巻)

少子化の影響を受け廃校になった中学校からバスケの強豪校、鷹鳥一中に編入することになった東野暁と城戸清春の超仲良しの幼馴染み二人。しかし、さっそく行われたバスケ部の入部テストで、清春は「準レギュラー」のBグループ、暁は「失格」のFグループに分けられ、二人は離れ離れになってしまう。

熾烈なレギュラー争いが行われる部内で、様々な困難や問題が立ちはだかりますが、とにかくいつでも笑顔の主人公に勇気をもらえる作品です。バスケに限らず「楽しむ」というスポーツや部活の原点であり一番大切なことを思い出させてくれますよ。

全7巻と短くテンポよく読み進められる作品となっています。

9位.I'll(全14巻)

「中学でバスケを辞める」という共通点を持った二人の少年・立花茜と柊仁成。中学最後の練習試合で対戦した二人は国府津高校で運命の再会を果たし、再びバスケと向き合っていくことになる。

ゴリゴリのスポーツ漫画というよりは、オシャレでクールなスポーツ漫画と言ったほうがしっくりくる作品です。二人の主人公の感情や精神面の成長が細かに描写されていますよ。

他のバスケ漫画にあるような戦術的要素やテクニックに関する要素は少ないですが、思春期の少年たちがバスケを通して成長していく姿がよく描かれています。ゴリゴリのスポ根に飽きた人におすすめできる作品です。

8位.Harlem Beat(全29巻)

主人公・成瀬徹は小学校では野球、中学校ではサッカーに取り組むも常に補欠。心機一転、上南高校入学後にはバスケ部に入部するが、初日の練習で大失態を犯してしまう。しかし、偶然再会した幼馴染の楠田みずきに連れられて行ったストリートバスケでバスケの魅力に取りつかれ、ライバルたちとの出会いと自らの努力で高校屈指の選手へと成長していく。

「無敵のレイアップ」、「奇跡のJ」、「進化のレイアップ」などの必殺技を次々と編み出していき、物理的にありえないようなプレーを連発します。

黒子のバスケと同じようにリアリティを追求したバスケ漫画ではありませんが、ストーリーは面白いので割り切って読んでほしい作品です。

7位.BUZZER BEATER(全4巻)

西暦2xxx年、地球で生まれたバスケットボールは全宇宙に広まったが、最高峰の宇宙リーグは異星人に席巻され地球人選手が一人もいなかった。大富豪の老人・ヨシムネは私財を投じて地球人だけの最強チーム設立を計画する。ストリートチルドレンの主人公・ヒデヨシも地球チームのメンバーになるためにテストを受ける。

全宇宙が舞台のバスケ漫画という壮大過ぎる設定ですが、その設定に負けないキャラクターの個性と画力の高さは、「さすが井上雄彦じゃ!」というしかありません。

元祖WEB漫画で当時は井上雄彦のオフィシャルホームページで無料公開されていたようですが、電子書籍化もされていない今となっては単行本で読むしかない状況となっています。

6位.DRAGON JAM(連載中)

母子家庭の貧しい家で暮らす主人公・立花龍也は、高校には進学せずバスケで生計を立てることを決意する。しかし、彼の「バスケで飯を食う」とはスリートバスケでの賭け試合のことだった。親友のアコ、タイゾーとチームを組み試合を重ねる中、様々な人との出会いによってストリートバスケの世界にのめり込んでいく。

バスケ漫画には珍しくストリートバスケを舞台にした作品です。

僕自身はやったことも見たこともないんですが、「こんな世界もあるんやぁ」と ストリートバスケの世界に触れることができました。またストリートならではのエンターテイメント性やダイナミックな技も見どころです。

面白いんですが、作者の体調不良で長期休載中なのが残念。

5位.黒子のバスケ(全30巻)

全中3連覇の超強豪校・帝光中学。その歴史の中でも特に、10年に1人の天才が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれていた。幻の6人目として天才たちから一目置かれていた選手・黒子テツヤは誠凛高校で火神大我と出会い全国制覇を目指す。高校進学に伴いばらばらに散った「キセキの世代」たちと幻の6人目の熱い対決を描いた物語。

「キャプテン翼」や「テニスの王子様」のバスケ版ともいえる現実的にはありえないような技や能力がベースとなっていますが、登場人物がかっこよくテンポ良くストーリーが進んでいくのでおすすめですよ。

リアリティには欠けているバスケ漫画ですが、割り切って読むとなかなか面白いですよ。

4位.DEAR BOYS(全23巻)

過去に起きた暴力事件によって4人しか部員が残らず、チームが組めずに休部状態になっている瑞穂高校男子バスケ部。そこに強豪校の天童寺高校から転校してきた哀川和彦が入部し、バスケ部は再び「全国制覇」の夢を掲げ始動する。

哀川というインハイ優勝校のキャプテンで、身長175㎝でダンクを決めるし勝負所を見極める感性、抜群のスタミナと精神力を兼ね備え性格も良いという最強の主人公が中心というリアリティのない設定と思いきや、本格的なバスケ漫画で戦術に重きを置いた濃い内容ですよ。

続編も含めたシリーズ累計は78巻とかなり長いですが、凄く読み応えのある作品となっています。読んで損はない名作です!

3位.リアル(連載中)

元ピアニストで走ることが大好きだったが、骨肉腫により右脚を切断した戸川清春。小学校から打ち込んでいたバスケを失った後、バイク事故で他人を障害者にしてしまった野宮朋美。自尊心が強く自分より劣っている人間を見下していたが、交通事故により下半身不随となった高橋久信。3人を中心に車いすバスケを通し、障害者ならではの挫折や苦悩、周りの人間の支えなどを描いた作品。

「スラムダンク」の井上雄彦が描く、車いすバスケを描いた異色のバスケ漫画です。

障害者のプライドや障害者から見た社会の景色、考えなど。健常者が障害者の感情や思考に触れることのできる素晴らしい作品ですよ。あと、さすがの画力とシンプルに面白いストーリーで一気に読めてしまいます。

ただ、単行本の発売が遅すぎます・・・。残念過ぎる。

2位.あひるの空(連載中)

九頭龍高校に入学した身長149cmの車谷空はバスケ部に入部しようとするも、バスケ部は不良の巣窟と化していた。しかし、空のバスケに対する愛と執念にバスケ経験者の千秋と百春たちは心を動かされていく。

超チビなのに3Pの名手。というかチビだから3Pにひたすら磨きをかけ、全国屈指の3Pシューターまで成長していきます。体格に恵まれない選手がセンスと努力でライバルたちと渡り合うのが爽快ですよ。

また、部活以外での部員たちの生活や恋愛、心理描写などがとても細かく描かれており、読み応えのある作品に仕上がっています。

しかし、テンポが悪く話がなかなか進まないというのが惜しいところです。アニメ化も決定しているので、そちらの方にも注目ですね。

1位.スラムダンク(全31巻)

文句なしに圧倒的の1位!今さら説明する必要もない程に有名なバスケ漫画ですね。

バスケ未経験者の高校1年生の不良少年・桜木花道が、一目ぼれした女の子の勧めでバスケ部に入部しインターハイを目指す。という漫画です。

ど素人の桜木が好きな女の子のために努力を重ね、次第に自分やチームのために努力しその才能を開花させていく様子はもうたまりません!

もう何回読んだかわからないぐらい読んでますが、何回読んでも面白いです。アニメ版もめちゃくちゃ面白いです。漫画は読んだことあるけどアニメは見たことないって人は是非!Amazonプライム・ビデオなら全話無料で見れますよ。⇒Amazonプライムビデオ30日間無料体験

電子書籍でマンガ読むならFODプレミアムがマジでおすすめ

月額888円でドラマ・映画・雑誌が見放題。さらに漫画も一部読み放題です。

ただ、この『一部読み放題』ってだいたい聞いたことないような微妙な漫画が多くて、とにかく「一部読み放題のとこに読みたい漫画がない!」ということがほとんどなんです。

いや、FODプレミアムに限った話じゃないんですけどね。

じゃあ漫画を読むのにFODプレミアムが何でオススメなのかというと、

それは、毎月1300円分のポイントが貰えるから!

てことは毎月漫画3~4冊の漫画がポイントで買えちゃうんですよ。てか月額888円で毎月1300円分のポイントが貰えるってどういうことですかね?

まぁとにかく、“無料で読み放題”で目当てじゃない漫画を読むよりめちゃめちゃいいですよ。

新巻もポイントでソッコーで読めちゃいますからね。

31日間の無料お試し中でもポイントは貰えるので、「あの漫画の新巻だけ読もっかな」という使い方でも全然いいです。

読みたい漫画がないときには、有料の新作映画なんかにもポイントは使えるのでマジでオススメですよ。⇒まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

まとめ

バスケの細かいルールがわからずとも楽しめるのがバスケ漫画の特徴じゃないでしょうか。「ルールがわからないから」と読んでこなかった人にも楽しめる作品ばかりなので、是非ランキングを参考にして読んでみてください。

あと、最後に一言。

やっぱり井上雄彦は天才。