コミュニケーションが苦手な人は今すぐ工場勤務に転職するべき。

f:id:otokonobiyo:20180617172600p:plain

人の性格はそれぞれ。

明るく親しみやすい性格で、取引先や上司からも可愛がられるような人間になれるものならなってみたい。しかし、世の中にはコミュニケーションが苦手で周りの空気にうまく馴染めない、取引先では緊張してしまい無口が故に上司にも相手にされない、という人間がいるのも事実です。

あなたはコミュニケーションが苦手で仕事に悩んでいませんか?

誰とも話さなくていい、同僚や上司との付き合いもしなくていい、そんな仕事はないかなぁと考える人には、工場勤務を強くオススメします。

工場勤務といえば、給料が安い・体力的にきついなどのネガティブなイメージを持っている人が多いかもしれませんが、それは間違った先入観です。今回は工場勤務という仕事のたくさんの魅力について紹介していきます。

コミュニケーションが苦手で仕事に悩む人は多い

あなたの周りの人は、みんな上司とうまく付き合ってるように見えますか?

その中で、あなただけが孤独に悩んでいると思っていませんか?

それは違いますよ。同じような悩みを持った仲間はたくさんいるんです。

社会人の男女500人に聞いた「自分にはコミュニケーション能力があると思いますか?」という問いに「あると思う」と答えた人は28%、「ないと思う」と答えた人は72%というアンケート結果があります。

社会人の7割がコミュニケーションは苦手と感じているのが現状なんです。だから、そんなに気にすることでも落ち込むようなことでもないんですよ。

コミュニケーションが得意な人にはその人の役割があり、コミュニケーションが苦手な人は別の役割を全うすればいいんです。適材適所です。

あなたはあなたでしょう?

キレイ事言ってんじゃねえよ

って声が聞こえてきそうですね。

たしかに、いま現在、実際にコミュニケーションが原因で仕事に支障をきたしていたり同僚との間にトラブルを抱えている人にとっては、なんの役にも立たないただのキレイ事なのかもしれません。「まぁそんな落ち込むなよ」っていう応援の気持ちで書いたってことだけはわかってください。

具体的対応策

あなたの仕事で悩む原因が、『コミュニケーション』 にあるということがわかっているなら、その対応策は以下の2つしかありません。

1.自分を変える

2.仕事を変える

今の職場のまま、問題を解決しストレスフリーな状態にするには自分が変わるしかないです。

しかし、人の性格は簡単には変わりません。

あなたのコミュニケーション能力の低さは、今に始まったことじゃないですよね?おそらく子供の頃から人見知りで、人と話すのが苦手な、そういう性格だったんじゃありませんか?

何十年と共に生きてきた、その性格を変えるなんて至難の業ですよ。だってそれがあなたなんですから。そもそも、今からその性格を変えることができるならとっくの昔に、学生の頃に変えているはずでしょう。変わりたいと思うことは何度だってあったはずです。

それができなかったから、あなたは今こうして悩んでいるんです。

それでも今日から頑張ってみる、仕事のときだけでも笑顔で積極的に会話して周りの空気に合わせてみる、という人はチャレンジしてみるのもいいかもしれませんね。要は役者になればいいんです。ニセモノでもいいから仕事のときだけコミュニケーション得意な人になればいいんです。「昨日まで無口だったのに今日から急に社交的になった」という奇異の目で見られることは覚悟しておきましょう。

また、通常の業務に加え、コミュニケーションが得意な人になりきるという仕事が増えます。1度に2つの仕事をこなすことになりますが、そのストレスでメンタルをやられるようなことになっては本末転倒ですから注意してくださいね。

仕事変えましょう?

悪いことは言いません。仕事を変えましょう?

今の仕事は自分を変えてまでしたい仕事ですか?

人には向き不向きがあります。その人にはその人にあった仕事があります。今の仕事はあなたに合ってないんですよ。

「転職=悪いこと」なんて考えはもう古いです。今の時代に合いません。そんなこと考えるのは一部の昭和を生きてきた頭の固い人間だけです。

人生を豊かにするために、自分にあった仕事に出会うために、たくさんの仕事を経験し探し回る、これのどこがいけないんでしょう。むしろとても人間らしい行為だと思いますけどね。

工場に転職しよう

残念ながら、お客とも同僚とも一切会話する必要がない仕事なんてものはありません。

接客業以外を選べばお客との関わりはありませんが、同僚との業務中における最低限の会話をすることは避けられません。

一切のコミュニケーションを断ちたいのであればフリーになるしかありませんね。でもこの記事を読んでる人はそんなことは望んでないと思うのでこの話は置いときます。

コミュニケーションゼロの仕事はありません。

しかし、限りなくその状態に近づける仕事ならあります。

それが、工場勤務です。

工場での作業は、決められた通りに黙々と作業を続けることが多く、業務中はコミュニケーションをほとんど必要としません。というよりも無駄なおしゃべりは控えないとミスを発生させる原因になりかねません。

「会話しなくて良い」ではなく「会話するべきではない」なんです。コミュニケーションが苦手な人にとってまさに最高の環境だと言えるでしょう。

さらに、工場勤務にはコミュニケーションうんぬんではなく、全ての社会人にオススメできる魅力がいくつもあるんですよ。

1.給料がいい

工場勤務は給料が低いと勝手に思っていませんか?

「工場=給料安い」って何十年前のイメージですか?昔にそういうイメージが定着したのかどうかも知りませんけど、少なくとも僕が社会人になってからはずっと、工場勤務の給料は安いどころか、むしろ良いですよ。

また、大半の企業が学歴に関係なく給料を決めています。中卒も大卒も関係ありません。学歴に関係なく安定して高収入を得ることができる数少ない職種の一つとなっています。

具体的には、初任給30万円以上もしくは時給1500円以上など、かなりの好待遇な場所がたくさんあります。また、下の画像のように「入社祝い金をうん十万円支給するよ」なんて会社はザラですよ。

f:id:otokonobiyo:20180618121145p:plain

全国的に人手が足りていない工場は、どこも新規採用者を獲得しようと必死です。寮付き、寮費・光熱費・食事代全て無料、家具家電付きなんてとこもあります。

こんな職場は中々ありませんよ。まさに至れり尽くせり状態です。

工場勤務専門の求人情報サイト「工場ワークス」には全国各地の求人情報が集約されているので、働きたい場所や給料などの条件を指定して一度目を通してみてみてください。きっとあなたが思っていたよりもかなりの好条件でびっくりしますよ。⇒【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!

2.仕事がラク

決められた行程を黙々とこなすだけ、特に頭を使う必要はありません。自ら考えて動いたりする必要もなく一度仕事の流れを覚えてしまえばこんなラクな仕事はありませんよ。

ただし、24時間稼働している工場は2交代制や3交代制を導入しており、不規則な生活になりがちです。しかし、夜間勤務には手当がつくので、僕は交代制に慣れてからは、「夜勤おいしいわー」と思ってやってました。

また、土日祝日は工場自体が休みである場合が多いです。そうでない場合は基本的に週休2日となっており、休日出勤や残業もない場合が多く休日の予定が立てやすいのも魅力ですよ。

工場でのコミュニケーション

前述した通り、工場ではライン作業という流れ作業を淡々とこなすだけですので、業務中のコミュニケーションというのはほとんど必要ありません。

しかし、人間が集まって作業している以上、休憩時間に話しかけられたり仕事終わりに飲みに誘われることもあるかもしれません。

あなたがコミュニケーションを断ちたくて工場に転職したのなら、挨拶程度の同僚として最低限の関係に留め、飲みの誘いも強い意志を持って断りましょう。

安心してください。「あいつは無口だ」「飲みに誘っても来ない」と思われても業務にはなんの支障もきたしませんよ。逆に同僚と仲が良くなったからといって業務が円滑に進むなんてこともほぼありません。

それでも、ウマが合う人と仲良くなりコミュニケーションを取るようになることは大いに結構なことです。ただ、それができなかったとしても何ら困ることはないということです。

まとめ

実は僕も20歳の頃、工場で1年間程働いた経験があります。

お金を貯めることを目的に働き、同僚との付き合いはおそらく今後役に立つことはないだろうと割り切って、職場以外での付き合いは一切しませんでした。おかげて1年で200万円以上を貯めることができましたよ。

今は別の職種で正社員として働いていますが、待遇や勤務条件は工場の方が遥かにいいですね。今の仕事に満足していない人は、工場への転職を考えてみることをマジでオススメします。⇒【工場WORKS】短期から長期まで全国に求人多数!