妊婦と授乳中のママがホワイトニングをできない理由と胎児への影響

f:id:otokonobiyo:20171128202830j:plain

妊婦や授乳中のママはオフィスホワイトニングやホームホワイトニングなどの一般的なホワイトニングはしてはいけません。

今回は、その理由と妊婦が歯を白くするホワイトニング以外の方法について紹介しようと思います。

 

 

なぜ妊婦や授乳中のママはホワイトニングをしてはいけないのか?

その原因はホワイトニング剤に含まれる成分にあります。

ホワイトニング剤が歯を白くする仕組みは、その薬剤に『過酸化水素』や『過酸化尿素』といった成分が含まれており、これらの成分が漂白効果を持っているため歯が白くなるというものです。

『過酸化尿素』は酸化反応の過程で『過酸化水素』に変化するため「ホワイトニング剤=過酸化水素」と覚えておいて間違いありません。

しかし、このホワイトニング剤の主成分である『過酸化水素』や『過酸化尿素』が妊婦や胎児に良くないとされているのです。

ホワイトニング剤が妊婦や胎児に及ぼす影響

では、具体的にホワイトニング剤に含まれる『過酸化水素』は妊婦や胎児・授乳中のママや子供にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

実は、過酸化水素が妊婦にどのような影響を及ぼすかは明らかになっていません。

一般の人の使用においては、その安全性が確認されている薬剤ですが、妊婦や授乳中のママ相手に臨床試験を行うわけにもいかず、安全であるというデータがないのが現状なんです。

つまり、現段階では安全かもしれないし安全でないかもしれないということです。

安全である確証がないため、メーカーも歯科医も妊婦や授乳中のママに対するホワイトニングは推奨していません。

いずれにしろ、余計な刺激や薬剤の摂取を控えた方が良い時期であることは確かですね。

妊婦や授乳中のママが歯を白くする方法は?

ホワイトニングが禁止と言えども、結婚式や仕事などの大切な日に白い歯で臨みたいという女性は多いことでしょう。

なので、ここからは妊婦や授乳中のママでもできる歯を白くする方法について紹介します。

ホワイトニングジェル(ホワイトニング歯磨き粉)

いつも使っている歯磨き粉の代わりに使用する等して歯を白くするものです。

ホワイトニング剤が「歯を漂白する」のに対しホワイトニングジェルは「歯の黄ばみを浮かす」ことで歯を白くします。

主成分は『ポリリン酸ナトリウム』や『メタリン酸ナトリウム』という成分です。これらの成分は、過剰摂取することで骨に影響を及ぼしてしまったり、貧血の症状を引き起こすことがあるため妊婦や授乳中のママにはお勧めできない物質です。

しかし、ホワイトニングジェルの中には、化学物質を一切使わず全て天然由来の成分で作られたものもあるんです。

このような商品は、妊婦や授乳中のママでも安心して使って頂けるため非常にオススメです。というより、過酸化水素という成分のせいでホワイトニングができない人にとっては、根本的に歯の色を白くする方法として、こういった商品を使い「歯の着色を浮かせる」ことぐらいしか選択肢がないのが現状です。

僕の奥さんも授乳中だったんですが、『プレミアムブラントゥース』という化学物質ゼロのホワイトニングジェルを使って、結婚式に向けて歯を白くしていました。90日間使用した効果を写真と共に紹介しているので、気になる人は見てみてくださいね。

歯のマニキュア

爪に塗るマニキュアと同じように、歯の表面に塗るだけで歯を白くする方法です。

市販品もあり手軽に施術できるのが売りですが、天然歯のような透明感を再現することはなかなか難しいです。また、ムラができやすくコツを掴むには慣れが必要です。

持続時間は1日程度と短く、あくまでも応急処置として割り切って使用してください。

結婚式等の日付が判明しているイベントであれば、事前に家で練習を積んでおくことをオススメします。


ホワイトコート

光で固まる白いプラスチック材を歯の表面にコーティングすることで、歯を白く見せるという方法です。

『歯のマニキュア』と似ていますが、こちらは歯医者で施術し、料金も持続時間も異なります。『歯のマニキュア』の上位互換といったところでしょうか。

天然歯のような自然な色を選ぶことも可能で、一回の通院で白い歯を手に入れることができる。

持続時間は長くても3ヶ月程、料金は上下で30,000円前後と少々お値段が張ります。

まとめ

いくら歯の色が気になるとは言っても妊娠中や授乳中は『過酸化水素』を使用したホワイトニングは避けるべきでしょう。自分や赤ちゃんの健康よりも優先されるホワイトニングなんかありませんよね。

ホワイトニングに代わる方法は、この記事で紹介したようにいくつかあるので、安全な時期まではその方法で対処しながら気長に待つことをオススメします。