コスモ石油のカーリース『スマートビークル』は損?メリットとデメリット

f:id:otokonobiyo:20180604002439j:plain

近年、車を持つ手段の一つとして『マイカーリース』を選択する人がとても増えています。その中でもコスモ石油が運営する「スマートビークル」を選ぶ人が急増しています。

その名の通り、車を購入するのではなくリースする(借りる)というサービスですが、利用者が気になるのは結局のところ

損すんのかい?特すんのかい?

ってことですよね。

今回はマイカーリースは果たしてお得なのか、リースと新車購入ではどちらがいくらお得か具体的な数字を出しながら、またメリット・デメリットについても『スマートビークル』を例に解説します!

【コスモ石油公式】スマートビークル

 

 

カーリースのメリット

カーリースがここまで普及してきたのには、現金一括購入やカーローンにはないメリットがあるはずですよね。

まずはカーリースの良い部分を見ていきましょう。

車の維持費が明確

マイカーリースの最大のメリットといえば、「車にかかる維持費が明確なこと」です。

車を購入したら必ず付いて回る車検、税金、タイヤ交換、オイル交換、その他メンテナンスの費用。

車検でこのくらいかかるでしょー。

税金でこのくらいかかるでしょー。

タイヤ代はだいたいこのくらいでしょー。

と、車を維持していくには様々なお金がかかるので資金計画を立てていくわけですが、車検やメンテナンスに限っては、終わってみるまで油断できないというのが恐怖。僕も前に乗っていた車を車検に出して「じゅじゅじゅ18万円!!??ブルブルといった経験をしたことがあります。

その点、カーリースの月々の料金には燃料代以外の全ての維持費が含まれている。車検やメンテナンスにかかる予想外の出費という恐怖がないんですよ。だから、将来の資金計画が立て易いんです。

毎月決まった金額を支払うだけでいいんです。これは大きなメリットですよ。

頭金がいらない

車を一度でも買ったことがある人ならわかると思いますが、車を買うときってかなりお金がかかるんですよ。当たり前ですが

車屋さんで見積もりを出してもらった時なんか思わず舌打ちしたくなります。チッ

車両本体価格以外に取得税、重量税、自賠責保険料、検査登録、車庫証明、リサイクル料・・・

 

うるせぇぇぇーー!詐欺じゃねーーか!!

 

いや詐欺ではないんですけどね。わかってますけど、

「車両本体価格◯◯円」て書いてあったらだいたいそのぐらいかなって思うじゃないですか。でも本体価格からよゆーで十数万円かかりますからね。絶対かかるお金なら総額で記載しとけよって思っちゃいます。

前置きが長くなりましたが、とにかく!

車を購入しようとするとだいたい予想していた金額を上回っちゃうわけです。

一括で支払う場合もローンで購入する場合も(ローンでも頭金が必要なことが多いので)結構な現金が手元から羽ばたいて消えるんです。

でもカーリースなら最初の手出し0円で新車に乗れます。今まとまったお金が無い人も今後の支出のために現金は取っておきたいという人もカーリースならマジで乗り出し0円です。

月々の支払いを抑えられる

トヨタとかニッサンとか各自動車メーカーが「残価クレジット金利◯%!」とかCMでやってるの見たことありませんか?

カーリースでも同じように、この『残価』と呼ばれる数年後の車の買取保証額を設定します。 契約者はその『残価』を除いた金額だけを分割で支払う。つまり、カーリースでは車の全額を支払うわけじゃないので、毎月の支払額をローン購入時よりも抑えることができるんです。

また、人気車ほど残価が高く設定されるので人気車ほど安く乗れるという点もカーリースならではのメリットですよ。

 

契約満了時には車をどうするか、以下の4つから選択します。

1.乗り換え

契約が満了した車を返却し、新しいリース車両に乗り換える。

2.再リース

契約満了と同時に、新たに再リース契約を締結することで同じ車に乗り続ける。

3.買い取り

契約が満了した車を買い取って、引き続き同じ車に乗り続ける。

4.返却

契約満了とともに、車を返却し終了。

 

その時の状況に応じて自由に選択できるのもカーリースの特徴ですよ。

メンテナンス全部丸投げ

車を維持する上で面倒くさいことのひとつがメンテンナンスですよね。そういうのが好きだったり詳しかったりする人にとっては、苦でも何でもないのかもしれないけど、「詳しくないから全部任せます」という人にこそおすすめしたいのがカーリース。

スマートビークルのゴールドパックならぜーんぶおまかせ!

燃料代以外の全部!

なにからなにまで全て!

うっかり忘れてしまったり、つい先延ばしにしちゃったり、急な出費に悩まされることもありません。 なにより、車を安全な状態に保ち、安心して車に乗り続けることができるんです。

ガソリン代がお得

これは、コスモ石油が運営する『スマートビークル』ならではの特典です。すべてのメンテナンスを受けられるゴールドパックを選択すれば契約期間中は、いつでもガソリンが5円/L引きになります。

燃費が10km/Lの車で一か月に1,000km走るとすると、1ヵ月で500円。1年間で6,000円もお得になりますよ。⇒燃料油割引付きカーリース

カーリースのデメリット

カーリースにしない選択肢はない!というぐらいカーリースのメリットを挙げていきましたが、世の中そんなに甘くありません。←ウザイ

デメリットもあるんです。悪い部分もみていきましょう。

走行距離が制限される

カーリースでは、契約時にその車で走行する距離の上限を設定します。

例えば、スマートビークルの場合は〈6000km/年、12000km/年、18000km/年〉のいずれかから年間走行距離を選択。 走行距離が短い程リース料は安く、逆に走行距離が長ければリース料は高くなります。

もしも、契約終了時に設定した走行距離をオーバーしていた場合は、追加料金が発生してしまうので注意が必要ですよ!

支払総額が割高

最終的にその車を購入しようとするなら現金一括払いのほうが、絶対に支払総額は安くなります。ローンは金利次第なので比較しにくいですが、支払総額でいうと大抵の場合ローンのほうが安いでしょう。

まぁ車検、税金、メンテナンスにかかる費用も含まれた料金なので、カーリースの支払総額が一番高くなるのは当たり前ですよね。さらに、リース会社の取り分も上乗せされます。あちらも商売でやっているので当然です。

詳しくは後半で解説しますね。

盗難や事故に遭ったら・・・

考えたくもないですが、もしも盗難に遭ったり事故で廃車になってしまったりしたときは、リース契約は強制的に中途解約となり、残りのリース期間内の全ての料金を支払わなければならないという恐ろしい事態に。また、廃車までいかなくともキズ、ヘコミなど修理に関しては全て自己負担で行う必要があります。

しかし!

盗難や事故のリスクに関しては、現金一括購入やローン購入の場合も一緒なんです。一括購入した車で事故を起こしてしまい廃車にしても、だれも保証してくれませんよね。ローンの支払途中に車を失っても、ローンは完済まで払い続けなければいけませんよね。

現金一括だろうがローンだろうがリースだろうが、もしもの事態から愛車を守る方法はただ一つ!

自動車保険に加入することなんです。

コスモ石油にも自動車保険がありますが、高いので僕はおすすめしません。。。

圧倒的にネット完結のダイレクト型(通販型)のほうが安いので見積もりだけでも取ってみたほうがいいですよマジで。⇒無料の自動車保険一括見積もりサービス

というわけで、盗難や事故のリスクはカーリースだけのデメリットとは言えません。しかし、リースしている(借りている)以上、盗難されたり事故を起こしたりすると非常に気まずく申し訳ない気持ちになるでしょう。

ドレスアップや改造ができない

マイカーリースはあくまでも車を『借りている』という状態なので、勝手に改造したりドレスアップしたりしてはいけません。車両の一部に穴を開けたり削ったりしない、車両の価値を落とさない軽微なドレスアップであればしても構いませんが、契約終了時に車を返却する場合は契約時の状態に戻さなければいけません。

ただ、基本的に自分の好きなようにカスタムするための車ではないので、車をいじるのが好きな人にはカーリースは向いてないでしょう。

カーリースvsカーローン

いよいよカーリースとカーローンではいったいどちらがいくらお得なのか、「結局どっちが得すんねん」という疑問にお答えします。

条件を揃える

今回は大人気の軽自動車、ダイハツ「ムーヴキャンバス」を例に比較しますよ。

f:id:otokonobiyo:20180604031549j:plain

二種類の比較をする以上、条件は限りなく同じに近づけておかなければ意味ないので、最初に条件を以下のように決めておきたいと思います。

車種:ムーヴキャンバス

グレード:L(1,188,000円)

色:ファインミントメタリック

オプション:なし

契約期間:5年(60ヶ月)

頭金:なし

ボーナス払い:なし

オンライン見積もり

ダイハツ公式HPでオンライン見積もりを行ったところ、支払総額は1,233,310円という結果になりました。しかし、見ての通り諸経費に〈自動車税、重量税、自賠責保険料〉しか含まれておらず、実際にはさらに10万円前後プラスになると思われるので、支払総額は1,333,310円とします。

f:id:otokonobiyo:20180604234814p:plain

1,333,310円をローンで返していくことになります。今回は金利を3.5%に設定し月々の支払額と総支払額をシミュレーションしてみました。

f:id:otokonobiyo:20180605000115p:plain

ローン購入場合、月々の支払いは24,200円、5年間での支払総額は1,455,044円となりました。

一方、コスモ石油スマートビークルのオンライン見積もりの結果は月々の支払いは29,592円、5年間での支払額は1,775,525円となりました。

f:id:otokonobiyo:20180604235505p:plain

現在ローン購入の方が30万円強リードしていますが、ここからが本番です。

なぜなら、カーリースはスマートビークルのゴールドパックに加入しており、今後一切の車検費用、税金、メンテナンスにかかる料金を支払う必要がないのです!

一方、カーローンの方は上記の全ての費用を5年間自己負担していくという地獄!地獄ではない

まさにウサギとカメ状態!!ちょっと違うか

車の維持費やメンテナンス費でカーリースがどれだけ巻き返すか楽しみ!

維持費・メンテナンス費

5年間車を維持するときにかかる維持費やメンテナンス費にはどんなものがあるでしょう?

また、スマートビークルのゴールドパックに加入していれば、これらの全てを払わなくて良いわけですが、最終的に全部でいくらお得になるのか計算していきます。

f:id:otokonobiyo:20180605152347p:plain

なんとこんなにいっぱいありました。総額は300,000円。

なお、ここでの車検代や部品の交換代はディーラーではなく一般的なカー用品店に依頼した場合の値段です。

ディーラーに依頼したらもっと高くなります。。。

結果発表

いよいよ結果発表です。

車両本体や維持費、メンテナンス費など全ての要素を加味した上で

『カーリースとカーローン』どちらがお得なのか結論を出します!

f:id:otokonobiyo:20180605012753p:plain

 なんと2万円程度の差しかありませんでした。

僅差ではありますが、5年間の総支払額が少ないのは『カーリース』でした!!

 

しかし!!

 

「カーリースの方がお得である」とは言えない。

そう。支払総額はたしかにカーリースの方が安い。だが、

『残価』の存在を忘れてはいけない。

カーローンの場合「5年間の支払いおつかれさま。おめでとう。車はあなたのものだよ^^」ですが、

カーリースの場合「5年間おつかれさま。じゃ、車返してね。買い取ってもいいけどムーヴキャンバスなら50万円ね^^」となるのです。。。

結局どっちがお得?

月々の支払額や維持費でいえばカーリースの方がお得です。

しかし、ローンの場合は返済が終了したあとも車が資産として残ります。

逆にカーリースの場合は、契約終了後にはなにも残りません。その車を買い取ろうとするなら『残価』を一括で清算することになります。

よって、最終的に車を自分のものにしたいのであればカーローンの方がお得です。

 

カーリースはこんな人におすすめ

・月々の支払額を安くしたい人

・車検も税金もメンテナンスも面倒臭い!な人

・走行距離が多すぎない人(月1,500km以内)

・現在まとまったお金がない人

まとめ

今回はコスモ石油の『スマートビークル』を例に、マイカーリースのメリットとデメリット、料金シミュレーションでどちらがお得かを解説していきました。

気軽に安く、全てをおまかせできるカーリースは現代人のニーズにとてもマッチしています。これからもカーリースという選択をする人は増え続けていくでしょう。

もしもリースかローンで迷っているなら、一度見積もりだけでも出してみてはいかがでしょうか。   ⇒【コスモ石油公式】スマートビークル