【永久保存版】ホワイトニングの値段・種類・ジェルなど全部解説!

f:id:otokonobiyo:20180617164200p:plain

歯のホワイトニングにはいくつかの種類があり、初心者はどれを選べばよいか迷うものです。また、歯医者によって価格の差が大きく、歯医者選びですら迷ってしまうことでしょう。

今回はホワイトニング初心者の人のために、ホワイトニングのメリットデメリット、種類、価格、薬剤の種類などを詳しく解説していきます。おすすめのホワイトニング剤メーカーと安く購入する方法についても紹介していますよ。

 

 

そもそもホワイトニングとは

歯医者や自宅などで“過酸化水素”や“過酸化尿素”という成分が含まれた薬剤(ホワイトニング剤)を使用し歯を白くすること。過酸化尿素は酸化反応の過程で過酸化水素に変化するため、『ホワイトニングジェル=過酸化水素』と覚えておいて良いです。

この“過酸化水素”という成分が漂白効果を伴っているため歯が白くなるという訳です。

ここで気をつけなければならないことは、『ホワイトニングジェル』という言葉、ホワイトニングジェルという言葉は『ホワイトニング剤』と『ホワイトニング歯磨き粉』の二つの意味で浸透しています。ややこしいですが、この二つはまったくの別物で歯を白くするしくみや効果もまったく違います。

自分がしたいホワイトニングが「過酸化水素を使ったホワイトニング」なのか「歯磨き粉のように使って行うホワイトニング」なのかをはっきりと理解しておく必要があります。

ホワイトニングのメリットとデメリット

個人的にはデメリットなんて全く気にならない程にメリットが素晴らしいと感じていますが、一応考え付く限りのメリットとデメリットを紹介しているので、それらを天秤にかけてホワイトニングをするかどうかを判断してみてください。

ホワイトニングができない人・できない歯

実は、ホワイトニングは老若男女、誰でも彼でもできるというわけではありません。

『ホワイトニングをできない人』や『できない歯』というのはあります。

歯医者に行って「あなたにホワイトニングはできませんわ」と言われて絶望する前に、一度確認しておいてください。

歯医者選びが一番大事

ホワイトニングには多かれ少なかれ、その歯医者の医師や衛生士の技量が関わってきます。

歯医者はそこらへんにたくさんあります。

ホワイトニングを扱っている歯医者もたくさんあります。

しかし、中にはあまりホワイトニングに慣れていなかったり相場よりも高い料金を請求する歯医者が存在しているのが現実です。なので、料金の相場にはかなりの開きがあります。

僕がオススメするのは、『ホワイトエッセンス』という歯医者です。

全国に170以上もの店舗を持っているので、歯医者選びで迷っている人はあなたの家の近くのサロンを検索してみてください。⇒歯のホワイトニングなら【ホワイトエッセンス】

ホワイトニングの種類

大まかに分けてホワイトニングには、

・オフィスホワイトニング

・ホームホワイトニング

・デュアルホワイトニング

と3つの方法があります。

それぞれ特徴も料金も全く違うので、自分に合ったホワイトニング法を見つけることがホワイトニングの第一歩と言っても過言ではありません。

ホワイトニングジェルの選び方

ホワイトニングジェルってたくさん種類があって迷っちゃいますよね。

歯医者で購入する人にはあまり関係ないかもしれませんが、通販や個人輸入で購入する人はどんな基準で選べばいいか迷ってしまうものです。

そこで、ホワイトニングジェルの選び方や個人的にオススメのジェルを紹介しています。

もっと詳しく!ホワイトニングの料金

ホワイトニングの料金といってもその中には様々なものが含まれています。

その内訳を知ってコストを抑えられるところはできるだけ抑えましょう。

といっても、オフィスホワイトニングで費用を抑えられるポイントはほぼありません。

ホームホワイトニングに関しては、コストカットのポイントがいくつかありますよ。

白い歯を保つために

ホワイトニングで手に入れた美しく白い歯を保つための方法を紹介。

着色汚れ(ステイン)が黄ばみの一番の原因なんですよ。

ホワイトニングだけじゃない審美歯科

お口を美しく見せるために手をかける部分や方法は、なにもホワイトニングだけじゃありません。

ホワイトニングで美しくなった歯を見ているとだんだん別の部分も気になりだしてきたりします。

そんなホワイトニング以外の審美歯科について紹介しています。

まとめ

個人的にはホームホワイトニングをおすすめします。

「なんか最近色が戻ってきたんじゃね?」と思ったら、薬剤を買い足すだけですぐに再開することができますから。

『芸能人は歯が命』といいますが、一般人も歯の色に気を遣うのがあたりまえの時代になりました。

恋愛、ビジネスと歯の白さはあなたの人生を必ず豊かにしてくれるでしょう。

これを幾に是非一度ホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか。